home

>

AI予測さくらさん

>

コールセンターの人員配置をAI予測が最適化

home

>

AI予測さくらさん

>

コールセンターの人員配置をAI予測が最適化

コールセンターの人員配置をAI予測が最適化

コールセンターでは、問い合わせ数の変動に応じて人員配置を調整する必要があります。しかし、問い合わせ数は予測が難しく、人手が余ったり不足したりすることがよくあります。また、オペレーターのスキルや対応力によっても、顧客の満足度や業務効率が変わってきます。そこで、AI予測を使って、問い合わせ数や処理時間を予測し、人員配置を最適化する方法が注目されています。

需要予測、リスク予見、売上げ予測、ビジネスの意思決定にAIを活用

リスクやロスを低減し、効率的な業務が可能になるAI予測。AIを有効活用してビジネスを有利に進めましょう。

...詳しくはこちら

目次

AI予測とは

AI予測とは、過去のデータから将来のデータを予測する技術のことです。コールセンターにおいては、過去の問い合わせ数や処理時間などのデータを分析し、未来の問い合わせ数や処理時間を予測します。そして、予測された数値に基づいて、必要なオペレーターの数や配置を決めます。

AI予測のメリット

AI予測を使うことで、コールセンターの人員配置には以下のようなメリットがあります。

・コスト削減:人手が余ることを防ぎ、無駄な経費を減らすことができます。
・顧客満足度向上:問い合わせ対応時間を短くし、顧客の不満や離脱を減らすことができます。
・オペレーターの負担軽減:人手が不足することを防ぎ、オペレーターのストレスや疲労を軽減することができます。

コールセンターの人員配置の課題

コールセンターの人員配置には、以下のような課題があります。

・突発的な問い合わせ:予測できない問い合わせが発生した場合、人員配置が不適切になることがあります。
・オペレーターの個性や能力:オペレーターの性格やスキルによって、対応の質や速さが異なるため、それを考慮した人員配置が必要です。
・オペレーターのシフト調整:オペレーターの休暇や病欠などに対応し、労働法に沿ったシフト調整が必要です。

AI予測を活用した人員配置の具体的な手法

AI予測を活用した人員配置の具体的な手法は、以下のようなものがあります。

・問い合わせ数や処理時間の予測:過去の問い合わせ数や処理時間などのデータを分析し、未来の問い合わせ数や処理時間を予測します。予測には、AI技術の一種である機械学習や深層学習などが用いられます。
・オペレーター数や配置の決定:予測された問い合わせ数や処理時間に基づいて、必要なオペレーターの数や配置を決定します。オペレーターのスキルや能力なども考慮し、最適な配置を割り出します。
・シフト調整や対応策の設定:オペレーターの休暇や病欠などに対応するためのシフト調整や、突発的な問い合わせに対応するための対応策を設定します。

AI予測の事例

AI予測を活用した人員配置は、すでに多くの実績があります。
例えば、ある証券会社では、AI予測を使って、オペレーターのスキルを評価し、人材育成に活用しました。その結果、顧客対応時間を半分以下に短縮することができました。また、ある通信会社では、AI予測を導入したことで、コールセンターのオペレーター人員を最大25%削減することができました。

まとめ

AI予測を活用した人員配置は、コスト削減や顧客満足度向上だけでなく、オペレーターの負担軽減や生産性向上にも貢献します。
しかし、AI予測にも限界があり、突発的な問い合わせやオペレーターの個性や能力を完全に予測することはできません。そのため、AI予測の精度を高めることが、今後の課題となっています。
AI技術の進化やデータの蓄積によって、AI予測の精度はさらに向上すると考えられます。

AI予測さくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

コールセンターの人員配置をAI予測が最適化

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/products/predict

AI予測さくらさん

リスクやロスを低減し、効率的な業務が可能になるAI予測。AIを有効活用してビジネスを有利に進めましょう。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事