home

>

AI予測さくらさん

>

消防署でのAI予測利用で、人員配置と在庫を最適化

home

>

AI予測さくらさん

>

消防署でのAI予測利用で、人員配置と在庫を最適化

消防署でのAI予測利用で、人員配置と在庫を最適化

なかなかDXが進まない消防署で、AI予測による効率化を目指す

需要予測、リスク予見、売上げ予測、ビジネスの意思決定にAIを活用

リスクやロスを低減し、効率的な業務が可能になるAI予測。AIを有効活用してビジネスを有利に進めましょう。

...詳しくはこちら

目次

この記事では、消防署でのAI予測の利用による人員配置と在庫管理の最適化について解説さしています。公共施設・機関のデジタル化がなかなか進まない中、消防署ではAI予測を活用することで、非効率な管理を改善し、より迅速かつ適切な対応が可能になることが示されています。この技術導入により、消防署の業務効率化が促進され、より質の高いサービス提供へと繋がることが期待されています​。

未だはびこる手作業による管理

消防署はその活動が人の命に直接関わるので、責任重大です。
しかし、その管理についてはデジタル化できていない部分が多くあり、非効率になっていると言わざるを得ません。
エクセルで備品の管理をしており、それをプリントアウトして目検で数量チェックなんていう話も良く聞きます。

人員配置に関する課題

季節やイベント事に合わせて人員配置を調整しており、例えば金曜日や盆、暮れなど、お酒を飲む人が増えることで事故が増える傾向があるため、余剰の待機人員含め通常よりも多く配置する必要があります。

しかしながら、その一方で人員の不足や過剰配備といったことはよく起こっており、課題として解決すべき事柄でした。

在庫管理に関する課題

救急資器材の在庫は充分用意しておく必要があります。
使用期限のある資材もあるので、在庫管理は煩雑です。
今まではエクセルにまとめて在庫を管理していましたが、媒体がデジタルなだけでその管理は全て手動。
簡単な計算式などは入っていますが、署員がアクションを起こさなければ何も進まない状態。

また、人命に関わることなので、常に余裕のある在庫を求められますが、過剰な在庫を抱えてしまい、使用期限が過ぎて大量に廃棄するなど、無駄が多く発生していました。

AI予測の導入

AI予測の導入により、人員配置の効率化が可能になります。
具体的には、季節やイベント事のほか、緊急出動の多い特異日が予測できるようになり、それに備えた人員配置ができる様になりました。
また、AIによる救急資機材の在庫管理についても、使用される量と今後の利用率が予測できるようになったことで、無駄な在庫を抱えることが少なくなってきました。
ただし、適正在庫よりも常に多く資材を準備しておかないと、緊急時に対応が出来ないため、大幅に在庫が削れるというわけではありませんでしたが、それでも以前のような大量廃棄は目に見えて減ってきました。

AI予測の効果

AI予測の導入により、人員配置と在庫管理が効率化されることで、より迅速かつ適切な対応が可能になりました。
いままでそこに無駄に時間を使っていたことがよくわかります。

これにより、署員はより本来の業務に専念できるようになり、より迅速で品質の高い活動ができる様になりました。

AI予測の導入には、初期コストやシステム運用の負担などの課題がありますが、その費用対効果は大きく、将来的には消防署内の業務効率化やサービスの向上につながると期待しています。

AI予測さくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

消防署でのAI予測利用で、人員配置と在庫を最適化

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/products/predict

AI予測さくらさん

リスクやロスを低減し、効率的な業務が可能になるAI予測。AIを有効活用してビジネスを有利に進めましょう。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません