商業施設案内

商業施設案内

AIインフォメーションが施設内各所で稼働、省人化と案内品質向上を支援


AIインフォメーションが施設内各所で稼働、省人化と案内品質向上を支援


AIを導入することで、質の高いインフォメーションを施設内に複数設けることができます。インフォメーションセンターの混雑緩和とともに、施設内で迷う利用者をスムーズに案内、利用者の満足度向上にも貢献します。

AIを導入することで、質の高いインフォメーションを施設内に複数設けることができます。インフォメーションセンターの混雑緩和とともに、施設内で迷う利用者をスムーズに案内、利用者の満足度向上にも貢献します。

商業施設案内

商業施設案内の
他社との違い

01
パソコン

利用者に寄り添うAI接客対応

02
学習

施設内のインフォメーションセンターを連携

03
案内

蓄積データを活用し、マーケティング活用をサポート

04
解析
05
テレワーク
06
受付

こんな課題抱えていませんか?

CASE01

インフォメーションセンターが
混雑してしまう。

落胆
CASE02

マーケティング戦略を立てたいけど
顧客のニーズが分からない。

焦り
CASE03

インフォメーションカウンターを
省人化したい。

悲しみ
CASE04
困る
CASE05
不安
CASE06
悩み

こんな活用シーンもあります

No items found.

AIインフォメーションが施設内各所で稼働、省人化と案内品質向上を支援


AIインフォメーションが施設内各所で稼働、省人化と案内品質向上を支援


AIを導入することで、質の高いインフォメーションを施設内に複数設けることができます。インフォメーションセンターの混雑緩和とともに、施設内で迷う利用者をスムーズに案内、利用者の満足度向上にも貢献します。

電車

利用者に寄り添うAI接客対応

施設利用者から寄せられる様々な問い合わせ対応を人の代わりにAIが行うのはもちろん、状況や環境に合わせたカスタマイズができるため、利用者に合わせた的確な案内が可能です。

イベント

施設内のインフォメーションセンターを連携

利用者の目的地がインフォメーションセンターから遠い場合、目的地にたどり着くまでに迷ってしまうことがあります。複数のインフォメーションセンターを設置し、まずは目的地の近くのインフォメーションセンターを案内、そこから目的地を案内することで、利用者がスムーズに目的地を目指すことができます。連携しておくことで、利用者は同じことを何度も尋ねる必要はありません。

リモート対応

蓄積データを活用し、マーケティング活用をサポート

問い合わせ対応のために会話した内容をすべてデータベースに蓄積。取得したデータを分析し、隠れた顧客ニーズを明らかするなど、売り上げアップのための改善をサポートします。

こんな課題抱えていませんか?

CASE01

インフォメーションセンターが
混雑してしまう。

落胆
CASE02

マーケティング戦略を立てたいけど
顧客のニーズが分からない。

焦り
CASE03

インフォメーションカウンターを
省人化したい。

悲しみ

こんな活用シーンもあります

おすすめ情報

接客さくらさん