病理解析

病理解析

病理解析のデジタル化により医療現場のひっ迫を解消、医療の精度を向上

病理解析のデジタル化により医療現場のひっ迫を解消、医療の精度を向上

医療現場における病理解析などをAIによる画像解析を活用してデジタル化することで、医療現場の業務負荷を軽減し医師の不足を補います。

医療現場における病理解析などをAIによる画像解析を活用してデジタル化することで、医療現場の業務負荷を軽減し医師の不足を補います。

病理解析

病理解析の
他社との違い

01
パソコン

病理解析をデジタル化し精度向上

02
学習

離れていても解析可能

03
案内

解析結果のデータ化・共有

04
解析
05
テレワーク
06
受付

こんな課題抱えていませんか?

CASE01

医師が足りずに
医療現場がひっ迫している

落胆
CASE02

病院から離れた場所に住んでいる
患者を診断したい

焦り
CASE03

患者の診断結果を
医師間で共有したい

悲しみ
CASE04
困る
CASE05
不安
CASE06
悩み

こんな活用シーンもあります

No items found.

病理解析のデジタル化により医療現場のひっ迫を解消、医療の精度を向上

病理解析のデジタル化により医療現場のひっ迫を解消、医療の精度を向上

医療現場における病理解析などをAIによる画像解析を活用してデジタル化することで、医療現場の業務負荷を軽減し医師の不足を補います。

電車

病理解析をデジタル化し精度向上

病院で行う患者の病理解析をデジタル化することにより、医師の労働負荷を減らし、人件費の削減や業務の効率化を実現します。 全ての患者に同じ診断を行うことができる為、医師によって偏りのない診断が可能となります。

イベント

離れていても解析可能

病気で長距離の移動ができない患者や、地方に住んでいる患者の状態を遠隔で解析することが可能となります。 日程調整さくらさんと連携することで、診察のスケジュールも簡単に設定することができます。

リモート対応

解析結果のデータ化・共有

解析結果をデジタル化することにより、患者への解析結果の通知や、医師同士で症例を共有する際に役立てることができ、 医療業務の属人化を防止します。

こんな課題抱えていませんか?

CASE01

医師が足りずに
医療現場がひっ迫している

落胆
CASE02

病院から離れた場所に住んでいる
患者を診断したい

焦り
CASE03

患者の診断結果を
医師間で共有したい

悲しみ

こんな活用シーンもあります

おすすめ情報

業務自動化さくらさん