home

>

AIチャットボットさくらさん

>

担当者必見!AIチャットボットの選び方のポイントを解説【利用シーン別】

home

>

AIチャットボットさくらさん

>

担当者必見!AIチャットボットの選び方のポイントを解説【利用シーン別】

担当者必見!AIチャットボットの選び方のポイントを解説【利用シーン別】

AIチャットボットの導入を検討している企業は多いものの、どの製品を選べばいいのか分からず、導入を見送るケースも多くあります。本記事では、AIチャットボートの選び方のポイントを利用シーンごとに解説するとともに、サポート体制の詳細や導入コスト、他社事例から見る具体的なメリットなどの重要情報を備えています。ぜひ導入の参考にしてください。

自己学習AIがWeb接客業務を大幅に効率化

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

...詳しくはこちら

目次

AIチャットボットを選ぶポイント

AIチャットボットを選ぶポイントには主に以下があります。

自然な対話ができるかどうか

AIチャットボットは、人間のような自然な対話ができることが求められます。そのため、自然言語処理の技術を持っているかどうかを確認しましょう。

カスタマイズができるかどうか

自社のビジネスに合わせてカスタマイズができるかどうかも、選ぶ上で重要なポイントです。例えば、業種に合わせて専門用語を認識するようにできるかどうかなどが挙げられます。

サポートが充実しているかどうか

導入後に問題が発生した場合、サポートが充実しているかどうかは重要です。導入前に、サポート体制について確認することをおすすめします。

また、AIチャットボットを選定・導入する際には、以下の項目も考えておく必要があります。
・導入目的を明確にする
・必要なFAQのデータ数を把握する
・チャットボットの種類を決める
・運用に取れる時間を考える

詳しくは、「AIチャットボットの選び方のポイントは?機械学習型とシナリオ型の違いも解説」の記事もご覧ください。

利用シーンごとの選ぶポイント

利用シーンごとに選ぶべきポイントを見ていきましょう。

カスタマーサポート

カスタマーサポートにおいては、24時間対応ができるかどうかが重要です。また、AIチャットボットの回答に満足できなかった場合、人間のオペレーターに接続できる機能があるかどうかも確認しましょう。

ECサイト

ECサイトにおいては、商品の検索や購入までのサポートを行うことが求められます。そのため、商品情報に精通しているかどうかや、カートに入れた商品の履歴を覚えているかどうかが重要なポイントです。

教育・研修

教育・研修においては、学習者の進捗状況を把握することが求められます。そのため、学習者ごとにカスタマイズができるかどうかや、テキストや動画など、様々な形式での学習に対応できるかどうかが重要なポイントです。

社内問い合わせ

社内マニュアルや社内規定の共有に活用したい場合、AIチャットボットにデータを学習させるのにどのような形式のマニュアルが必要なのかを確認しましょう。マニュアルデータがある程度まとまっていないと学習できないAIチャットボットの場合、学習させるためのデータ準備に時間がかかる場合があるため、注意が必要です。

多言語対応

多言語での案内を想定している場合は、対応している言語を確認しましょう。
英語・中国語・韓国語など主要な言語に対応しているAIチャットボットは増えていますが、そのほかの言語も必要な場合、対応できるものは限られてきます。
ティファナ・ドットコムの提供する「AIさくらさん」では、12言語に対応しているため幅広い層をカバーすることが可能です。

参考:ホテルメトロポリタンで「AIさくらさん」が宿泊客を12言語でご案内します
https://www.tifana.ai/news/20191216

AIチャットボットを活用するメリット

AIチャットボットを活用するメリットは主に以下があります。

コストを削減できる

簡単な問い合わせはAIに任せることで、人員を削減することができ、コスト削減につながります。

24時間対応ができる

AIチャットボットは、24時間体制で対応できるため、顧客の問い合わせに素早く対応できます。通常では対応が難しい営業時間外の問い合わせでも、一次対応ができるため顧客満足度の向上にも繋がります。

顧客満足度向上に繋がる

前述したように、いつでもすぐに案内を行えることで顧客満足度が上がります。
また、人は込み入った質問など必要なものだけ対応すれば良くなるため、業務負担が減ることで、余裕を持った丁寧な接客を行えるようになり、結果顧客満足度アップに繋がることもあります。

情報の蓄積し活用できる

AIチャットボットは、問い合わせ履歴や回答履歴などの情報を蓄積することができます。特に電話問い合わせでは、質問・回答内容を詳細に控えていないケースがあります。AIチャットボットであれば問い合わせの内容を蓄積し、どのような傾向があるのか分析したり、見えづらい顧客のニーズ可視化も行うことが可能です。

売り上げアップに繋がる

顧客の質問履歴を分析することで、顧客のニーズを把握しマーケティングに活用することも可能です。WebサイトにAIチャットボットを導入する場合であれば、ユーザーの行動パターンからその人に合った商品提案を行い、売り上げアップに繋げられるものもあります。

まとめ

本記事では、AIチャットボットを選ぶ上でのポイントについて解説しました。自然な対話ができるかどうか、カスタマイズができるかどうか、サポートが充実しているかどうかなど、選ぶ上で重要なポイントがあります。また、利用シーンごとに選ぶポイントや、AIチャットボットを活用するメリットについても紹介しました。AIチャットボットの導入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

AIチャットボットさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

担当者必見!AIチャットボットの選び方のポイントを解説【利用シーン別】

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/customerservice

AIチャットボットさくらさん

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません