home

>

社内問い合わせさくらさん

>

次世代のサポート体験を実現!ChatGPT vs 他の社内ヘルプデスクツール比較

home

>

社内問い合わせさくらさん

>

次世代のサポート体験を実現!ChatGPT vs 他の社内ヘルプデスクツール比較

次世代のサポート体験を実現!ChatGPT vs 他の社内ヘルプデスクツール比較

社内ヘルプデスクとは、企業や組織内で従業員や顧客からの問い合わせや要望に対応するためのサービスです。現代の社内ヘルプデスクは、従来の電話やメールだけでなく、最新の技術を活用したチャットやAIを導入することで、より高度なサービスを提供しています。本記事では、チャットベースの社内ヘルプデスクツールの一つであるChatGPTと他の代表的なツールとの比較を行います。

社内問合せやヘルプデスクの効率化、省力化はAIにお任せ

特許取得のAIチャットボットで導入・運用を自動化。無制限の無料サポートが人気です

...詳しくはこちら

目次

ChatGPTを搭載したAIのメリット

ChatGPTは、オープンソースの自然言語処理モデルであり、最近では、従来は、GPT-3でしたが、現在は最新版であるGPT-4をベースにしたチャットボットが多くリリースされています。ChatGPTは、自然な会話を生成するだけでなく、質問に答えたり、タスクを実行したりすることができます。これにより、社内ヘルプデスクとして利用する際に以下のようなメリットがあります。

24時間365日どこでも柔軟な対応可能

24時間365日対応可能なChatGPTは、従業員や顧客にとって非常に便利なサポートツールとなっています。休日や深夜、国際的なタイムゾーンの違いによっても影響されることなく、いつでも問い合わせや要望に対応してくれるため、利用者はストレスなくサポートを受けることができます。ただし、一部の時間帯では、多くの人がGPTにアクセスするため、挙動が重くなる懸念点が上げられています。

特にグローバルな企業や国際取引を行う企業では、異なる地域や国において顧客が存在するため、24時間対応が欠かせません。例えば、日本の従業員がアメリカの顧客と業務を行う場合、時差の関係で営業時間内に問い合わせを行うことが難しいことがあります。しかし、ChatGPTを導入すれば、顧客は自分の都合の良い時間に問い合わせをし、迅速な対応を受けることができます。

複数の問い合わせに同時対応

複数の問い合わせに同時対応できる機能は、ChatGPTを社内ヘルプデスクに導入する際の重要な利点の一つです。従業員や顧客からの問い合わせは日々様々な内容で寄せられるため、同時に複数の相談を処理できることは、効率的かつ迅速なサービス提供に欠かせません。

従来の人間が対応する社内ヘルプデスクでは、1人の担当者が1つの問い合わせに対して一度にしか対応できないため、待ち時間が長くなったり、混雑してしまったりすることがあります。しかし、ChatGPTは人工知能を基にしたチャットボットであり、コンピューターの処理能力によって複数のユーザーと同時に会話を進めることができます。これにより、複数の問い合わせを同時に処理することが可能となります。

高い学習能力

ChatGPTの高い学習能力は、その強力な機械学習アルゴリズムによって実現されています。ChatGPTは、開発された初期段階から大量のデータを学習させられ、それによって広範な知識を獲得しています。この学習には、インターネット上の巨大なデータセットや書籍、記事、論文などの多様な情報源が活用されています。

FAQとして即利用可能


従来のPDFやExcelファイルなどのマニュアルやナレッジなども、わざわざチャットボットが回答するための形式に併せて学習させずとも、GPTにドキュメントファイル等をアップロードするだけで、ユーザーからの質問に併せて回答を返してくれます。

人間らしいトーンと感情の表現

ChatGPTの優れた特徴の一つは、人間のようなトーンや感情を表現できる能力です。従来の自動応答システムやチャットボットは、冷たく機械的な返答が多く、ユーザーとの対話に違和感を抱くことがありました。しかし、ChatGPTはGPT-3という高度な自然言語処理モデルを採用しているため、より人間らしいトーンや感情を織り交ぜた会話を実現できます。

例えば、ユーザーが「困っています。パスワードを忘れてしまい、ログインできないのですが、助けてください」と問い合わせた場合、ChatGPTは機械的な回答だけではなく、心のこもった返答をすることができます。「大変申し訳ありませんが、パスワードを忘れてしまったのは困りますね。心配しないでください。すぐにサポートいたしますので、ログインできるように手伝いますね」といった具合です。このような温かみのある返答により、ユーザーは対話者としての自分を尊重されていると感じることでしょう。

他のツールとの比較

チャットベースの社内ヘルプデスクツールには、ChatGPT以外にもいくつか代表的なツールが存在します。

Zendesk Chat

Zendesk社が提供するチャットサポートソフトウェアです。ウェブサイトやアプリに組み込むことで、リアルタイムにチャットサポートを提供できます。カスタマイズ性や分析機能が高く、多言語対応や自動応答などの機能も備えています。

Freshdesk

Freshworks社が提供するカスタマーサービスソフトウェアで、チャットだけでなく、電話やメールなどの複数のチャネルから問い合わせを一元管理することができます。チケット管理やエスカレーションなどの機能も充実しています。

Intercom

Intercom社が提供するカスタマーコミュニケーションプラットフォームで、チャットだけでなく、メッセージやメールなどの複数のチャネルから顧客とコミュニケーションできます。セグメンテーションやオートメーションなどの機能も備えています。

ChatGPTと他のツールの違い

ChatGPTは、他のツールと比較していくつかの違いがあります。

自然で人間らしい会話

ChatGPTは、最先端の自然言語処理モデルをベースにしているため、他のツールよりもより自然で人間らしい会話を生成できます。この点でユーザーエクスペリエンスが向上します。

アシスタント機能

ChatGPTは質問に答えたり、タスクを実行したりすることができるため、単なるチャットサポート以上のアシスタント機能を持っています。

ChatGPTのチャットベース限定

ChatGPTはチャットベースのツールであり、他のチャネルからの問い合わせには対応できません。この制約は、他のコミュニケーションチャネルを使用している組織にとって重要な制約です。例えば、電子メール、電話、ソーシャルメディア、Webフォームからのお問い合わせにも迅速かつ効果的に対応する必要がある場合、ChatGPTはそのニーズを満たすことができません。そのため、複数のコミュニケーションチャネルを活用する組織には、より多機能なツールが必要です。

チケット管理や分析機能などの不足

さらに、ChatGPTはチケット管理や分析機能などの付加的な機能も備えていません。これらの機能は、顧客対応プロセスの効率化や品質向上に貢献します。チケット管理は、問い合わせや問題の追跡と優先順位付けを容易にし、エージェントが効果的に作業を調整できるようにします。一方、分析機能はデータを収集し、顧客の傾向やニーズを把握し、サービスの改善に役立ちます。これらの機能の欠如は、カスタマーサポートや顧客対応の質と効率に影響を及ぼす可能性があります。組織はこれらの側面も考慮に入れて、ツールの選択を行うべきです。

まとめ

社内ヘルプデスクには、効率的かつ迅速なサポートを提供するためにChatGPTやZendesk Chatなどのチャットベースのツールが注目されています。これらのツールはそれぞれ特徴やメリットを持っていますが、ChatGPTは最先端の自然言語処理モデルを活用することで、他のツールよりもより自然で人間らしい会話を生成することができます。また、質問に答えたりタスクを実行したりするアシスタント機能も備えています。一方で、他のチャネルからの問い合わせに対応できない点や付加的な機能の不足もあります。したがって、自社のニーズや目的に合わせて適切なツールを選択することが重要です。

AIチャットボットの導入・運用はお任せ!

チャットボット運用に一切手間をかけず成果を出したい企業専用

社内問い合わせさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

次世代のサポート体験を実現!ChatGPT vs 他の社内ヘルプデスクツール比較

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/products/aichatbot

社内問い合わせさくらさん

特許取得のAIチャットボットで導入・運用を自動化。無制限の無料サポートが人気です

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません