home

>

AIチャットボットさくらさん

>

【AIチャットボット×自治体】業務効率化のためにまず何からすれば良い?活用例も紹介

home

>

AIチャットボットさくらさん

>

【AIチャットボット×自治体】業務効率化のためにまず何からすれば良い?活用例も紹介

【AIチャットボット×自治体】業務効率化のためにまず何からすれば良い?活用例も紹介

近年、AIチャットボットの導入が増えています。AIチャットボットは、人工知能を活用して自動応答や自動会話を行うツールであり、企業のカスタマーサポートや営業、情報収集など、様々な場面で活躍しています。本記事では、AIチャットボットを導入する際に成功するためのポイントについて紹介します。

自己学習AIがWeb接客業務を大幅に効率化

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

...詳しくはこちら

目次

AIチャットボットの導入にあたってのポイント

自治体がAIチャットボットを導入するにあたっては、以下のポイントを考慮することが重要です。
まず、導入目的を明確化することが大切です。導入する目的が明確であれば、どのような機能を備えたAIチャットボットを導入すべきかが明確になります。また、導入目的に合わせて、活用シーンや利用者のニーズを特定し、AIチャットボットの導入効果を最大化することができます。
次に、セキュリティ対策についても確認が必要です。自治体が保有する個人情報を扱う場合、万全のセキュリティ対策が必要となります。セキュリティ対策が不十分であれば、情報漏洩や不正アクセスなどのリスクが高まります。そのため、導入前に十分なセキュリティ対策を確認することが重要です。
以上のように、導入目的やセキュリティ対策を考慮することで、自治体がAIチャットボットを導入する際のリスクを最小限に抑え、効果的に活用することができます。

自治体でのAIチャットボットの活用事例

自治体では、AIチャットボットが様々な場面で活用されています。その一例を紹介します。

税金や手続きに関する問い合わせ対応

自治体サービスの中でも、例えば自動車税に関する問い合わせにおいて、引っ越しをした際の住所変更など、税金や手続きに関する問い合わせは多く寄せられます。AIチャットボットを導入することで、自治体のウェブサイト上で手続きの流れを説明し、質問に応えることができます。また、必要な書類や申請書のダウンロードも自動的に案内することができます。

福祉施設や保健所の問い合わせ対応

福祉施設や保健所では、利用者からの問い合わせが多いものの受付時間が限られているため、利用者の待ち時間が長くなることがあります。そこで、AIチャットボットを導入することで、利用者からの問い合わせに迅速に対応し、待ち時間の短縮を図ることができます。

防災・防犯に関する情報提供

自治体では、防災・防犯に関する情報提供が重要です。しかし、情報の提供手段が限られているため、市民への情報提供が十分でないことがあります。そこで、AIチャットボットを導入することで、市民に向けた防災・防犯に関する情報提供を自動化し、市民への情報提供を充実させることができます。

多言語対応によるインバウンド対策

自治体には海外からの問い合わせや手続きがありますが、言語の壁があるために対応が難しいことがあります。しかし、AIチャットボットを導入することで、多言語対応が可能となり、海外からの問い合わせや手続きに迅速かつ適切に対応することができます。これにより、海外からのインバウンド対策にもなります。また、多言語対応によって、自治体の国際化にも貢献することができます。

自治体での導入事例

【導入事例1】富山県

富山県では、富山県の運営するWebサイトにAIチャットボット「AIさくらさん」を導入し、自動車税相談、移住相談を中心とした問い合わせの対応をAIで行っています。

・導入目的

富山県庁の問い合わせ対応業務の効率化と、富山県の運営するWebサイトの利便性向上を実現するために、富山県公式ホーㇺページ富山県移住・定住促進サイトに導入されました。24時間、いつでもAIチャットボット「AIさくらさん」が県民や、移住を考えている方々の問い合わせに対応しています。

・活用方法

富山県公式ホームページでは、自動車税相談、移住相談を中心とした問い合わせにAIチャットボット「AIさくらさん」が対応し、富山県庁の職員の業務効率化を図っています。
また、富山県移住・定住促進サイト「くらしたい国、富山」では、富山県への移住を検討されている方々からの問い合わせにいつでも迅速かつ丁寧に対応し、安心して移住を検討できるようサポートしています。

さらには、「くらしたい国、富山」の公式LINEとAIさくらさんを連携し、時間や場所を問わず気軽に質問が可能な窓口を増やし、富山県と移住を検討する方との繋がりを強化しました。

・活用方法

富山県公式ホームページでは、自動車税相談、移住相談を中心とした問い合わせにAIチャットボット「AIさくらさん」が対応し、富山県庁の職員の業務効率化を図っています。
また、富山県移住・定住促進サイト「くらしたい国、富山」では、富山県への移住を検討されている方々からの問い合わせにいつでも迅速かつ丁寧に対応し、安心して移住を検討できるようサポートしています。
さらには、「くらしたい国、富山」の公式LINEとAIさくらさんを連携し、時間や場所を問わず気軽に質問が可能な窓口を増やし、富山県と移住を検討する方との繋がりを強化しました。

【導入事例3】佐賀県庁

佐賀県では、新型コロナウイルス感染症についてのページと、九州佐賀国際空港のページにAIチャットボット「AIさくらさん」を導入しています。

・導入目的

佐賀県庁では、県庁職員への直接の問い合わせを軽減するために新型コロナウイルス感染症相談AIとして公式ホームページ上にAIチャットボット「AIさくらさん」を導入しました。

・活用方法

佐賀県庁に導入されたAIチャットボット「AIさくらさん」は新型コロナウイルス感染症についての対応に特化しており、佐賀県の新型コロナウイルスの感染状況やPCR検査についてなど、様々な内容をご案内しています。また、九州佐賀国際空港の公式サイトでもAIチャットボット「AIさくらさん」を導入し、空港施設や航空機内の感染予防対策についての情報も詳しく案内しています。県庁職員への直接の問い合わせの軽減に成功した他、県民の皆さまへの安心・安全な暮らしのサポートにも貢献しました。

まとめ

自治体での業務効率化や市民サービスの向上を目指すためには、AIチャットボットの導入が有効な手段の一つであることが分かりました。
AIチャットボットを導入する際には、まずは業務内容を分析し、どのような部分でAIチャットボットを活用するのが適しているかを明確にすることが重要です。また、AIチャットボットを導入することで、既存の業務フローの変更や、システムの導入費用・保守費用の負担が生じる場合もあります。これらの課題にも対応する必要があります。
しかし、自治体でのAIチャットボットの活用事例を見ると、導入によって効率化やサービス向上が実現できていることが分かります。今後、AI技術の発展によって、より高度なサービス提供が可能となることが期待されます。
自治体の業務改善や市民サービス向上に向けて、AIチャットボットの導入を検討することは、今後ますます重要な課題となってくるでしょう。
おすすめはティファナ・ドットコムが提供するAIさくらさん。ティファナ・ドットコムは25年以上ものWeb制作のノウハウ・経験をAIチャットボットに教師データとして学習させているため、業務効率化にも大いに貢献します。AIチャットボットを導入検討されている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

AIチャットボットさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

【AIチャットボット×自治体】業務効率化のためにまず何からすれば良い?活用例も紹介

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/customerservice

AIチャットボットさくらさん

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事