home

>

AIチャットボットさくらさん

>

急増する「ChatGPT疲れ」。AIで業務改善を図るために必要なポイントとは?

home

>

AIチャットボットさくらさん

>

急増する「ChatGPT疲れ」。AIで業務改善を図るために必要なポイントとは?

急増する「ChatGPT疲れ」。AIで業務改善を図るために必要なポイントとは?

昨今注目を集める「ChatGPT」。様々な業務の効率化めに活用できると期待されている一方で、上手く使いこなすことが出来ずに「ChatGPT疲れ」してしまうケースも急増しているのも現実です。今回は、ChatGPTが上手く使えない場合の原因や、AIを活用して業務を効率化を行うポイントを紹介します。

自己学習AIがWeb接客業務を大幅に効率化

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

...詳しくはこちら

目次

ChatGPTが上手く実務で使えない原因

ChatGPTは情報検索やデータ分析等で活用でき、業務の効率化に大きく貢献できます。しかし、時として実務では上手く使うことが難しい場合もあります。

情報が不正確な場合がある

ChatGPTは世界中のWeb上から情報を収集し、質問に対する回答を返すことのできる人工知能です。そのため、AIチャットボットと比べて幅広い質問に柔軟に回答できますが、その情報が常に最新や正確であるとは限りません。
たとえば、COVID-19の情報を取り扱う際、更新が遅れていたり、誤解を招く表現を使ったりする可能性があります。

上手く指示出ししないと的確な回答が得られない

ChatGPTは例えるなら優秀な新入社員です。知識はあるものの、順序だてて具体的な指示を出さないと、求めるアウトプットを出すことが難しいものです。そのため、質問者の指示出しの上手さにより、期待する回答が得られない場合があります。

業務改善にはAIチャットボットの活用が有効

次に、業務改善を行う上でAIチャットボットを活用することがおすすめな理由を紹介していきます。

AIチャットボットとChatGPTの違いとは

AIチャットボットとChatGPTはどちらも人工知能のサービスですが、

・AIチャットボットは予め学習しているFAQデータに基づき、質問に対して決められた回答を返すことができる
・ChatGPTはWebサイト上から質問に合った情報を取得し、臨機応変に回答を返すことができる

という違いがあります。
そのため、正確な情報案内が求められる場面では、誤回答の恐れがあるChatGPTを利用することはリスクがあります。

AIチャットボットの主な活用方法

AIチャットボットはカスタマーサポートの効率化や、企業の内部業務の自動化など、具体的な業務改善に活用できます。例えば、よくある質問に対する自動応答や、社内の問合せのサポートなどが可能です。

AIチャットボットを導入するメリット

AIチャットボットは24時間365日、ユーザーの質問に即時に対応することが可能です。これにより、顧客満足度の向上や、スタッフの業務負荷の軽減が期待できます。

AIチャットボット運用を成功させるポイント

AIチャットボットの活用が業務改善において効果的ですが、AIチャットボットもただ導入するだけでは失敗に終わるケースが後を絶ちません。
それでは、どのようにすればAIチャットボットの導入・運用を成功させられるのか、3つのポイントを以下に紹介します。

導入目的を明確にする

まず、AIチャットボットの導入目的を明確にすることが重要です。例えば、顧客サポートの効率化、社員の生産性向上、新規ビジネスの創出など、具体的な目標を設定しましょう。

メンテナンス(運用)の手間がないAIを選ぶ

AIチャットボットでは導入後のメンテナンス(運用)が必須です。メンテナンスに手間がかかる場合、時間が取れずに運用が頓挫するケースが多いです。そのため、なるべくメンテナンスをする必要がないものを選ぶことが重要です。

ChatGPT搭載型AIチャットボットを選ぶ

また、ChatGPTを搭載可能なAIチャットボットを選ぶこともおすすめです。これにより、より自然で人間らしい会話をすることや、学習FAQを自動で生成させることなどが可能となります。
おすすめは「AIチャットボットさくらさん」です。ChatGPT搭載において、個人が特定できる情報は利用しておらず、稼働するのはバックグラウンドのみのため、セキュリティ面でも安心してご利用いただけます。また、AIさくらさんは運用やメンテナンスをAIで完全自動化できる対話型AIのため、導入企業からは「手間なく運用しやすい」と好評いただいています。問い合わせの回数や時間を問わない無制限サポートと、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで業務改善が可能です。

自社に合うAIチャットボットを活用しよう

「ChatGPT疲れ」を解消しAIを最大限活用するためには、目的に合ったAIチャットボットを導入することが重要です。是非、自社のニーズに最適なAIチャットボットを選択し、効果的な活用を図りましょう。

AIチャットボットさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

急増する「ChatGPT疲れ」。AIで業務改善を図るために必要なポイントとは?

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/customerservice

AIチャットボットさくらさん

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません