home

>

AIチャットボットさくらさん

>

AIチャットボットのトライアルは意味がない?失敗に陥る理由とは

home

>

AIチャットボットさくらさん

>

AIチャットボットのトライアルは意味がない?失敗に陥る理由とは

AIチャットボットのトライアルは意味がない?失敗に陥る理由とは

近年、AIチャットボットは多くの企業に導入され、業務改善を図るうえで活用されています。導入を検討する企業も多く、まずはトライアルから始めようと考える担当者も多いでしょう。しかし、トライアルで失敗してしまうケースも後を絶ちません。この記事では、その失敗の原因と、どうすれば成功できるのかを解説します。

自己学習AIがWeb接客業務を大幅に効率化

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

...詳しくはこちら

目次

なぜ導入トライアルが失敗するのか?

まず初めに、なぜAIチャットボットは導入トライアルで失敗してしまうのか、よくある原因を紹介します。

導入目的が不明瞭

導入の目的が曖昧なままプロジェクトが進むと、KPI(Key Performance Indicator)も不明確になり、結果的にプロジェクトが方向性を失います。例えば、「顧客満足度を向上させたい」といった曖昧な目的ではなく、「問い合わせ解決時間を20%短縮する」など具体的な数値を用いた目標を設定する必要があります。

チャットボットの使い勝手が良くない

使いづらいサービスに対して顧客はすぐに離れてしまいます。例えば、チャットボットが頻繁に誤った案内をする、レスポンスが遅い、見た目が使いにくいなどの場合、顧客はAIチャットボットを利用することをやめてしまうでしょう。

コストとROI(投資対効果)を見誤った

初期投資が高額であったり、運用コストが予想以上にかかる場合、ROIが期待ほど高くないと判断され、プロジェクトは頓挫します。リソースの配分と予算計画の正確性は、プロジェクト成功のカギです。
AIチャットボットの導入効果についての考え方は、「AIチャットボットの導入費用と収益性(ROI)を徹底解説」をご覧ください。

AIを受け入れる体制が出来ていない

例えば、社内でのAIや新技術に対する理解が浅い、反対意見がある場合では導入後の運用がスムーズに行かない可能性があります。

AIチャットボット導入を成功させるポイント

続いて、AIチャットボット導入を成功させるポイントを紹介します。

明確な目的とKPIの設定

成功するためには、何を達成したいのか、どのように評価するのかを明確にすることが最も重要です。KPIをしっかりと設定し、それを元にプロジェクトを進めましょう。

ユーザー体験の最適化

ユーザーからのフィードバックをもとに、サービスを継続的に改善し、ユーザー体験を向上させましょう。

コストとROIの正確な評価

導入と運用にかかるコストを正確に評価し、それが期待するROIに見合うのかどうかをしっかりと検討することが重要です。

AIチャットボット導入への社内での理解を得る

社内でのトレーニングやワークショップを通じて、新しいテクノロジーに対する理解を深めることで、導入と運用がスムーズに行えます。

成功させるには長期的な運用が大切

AIチャットボット導入を成功させるポイントを紹介しましたが、前述の内容以外に、長期的な運用も成功するための重要なポイントとなります。
AIチャットボットの無料トライアルを実施しているサービスは大体数日~1か月程度ですが、トライアル期間中に成果を出すことは非常に難しいものです。

AIチャットボットは例えるなら新入社員のようなもので、初めのうちは様々なデータを学習させ賢くしていく段階が必要です。しかし、トライアルの短い期間の中では、まだ学習や社内での周知などをしている最中で、高い精度での案内を行えるようにするのは難しいです。
そのため、「トライアルで結果が出たら本導入を決めよう」と考えているのであれば注意が必要です。
AIチャットボットは1年以上など、長期的な目線で運用を行うべきもののため、AIチャットボット選定時は運用がしやすいかという観点でサービスを選ぶ方が良いでしょう。無料トライアルの有無だけで選んでしまうと、結局結果が得られず失敗する原因となってしまいます。

まとめ

AIチャットボットの導入トライアルで失敗してしまう原因を紹介しました。導入目的を明確にすることや、AIチャットボット自体の使いやすさが良いものを選ぶ、社内でのAI導入の理解を得るなどのポイントが重要です。ただ、そもそも短期的な導入では効果を得ることは難しいため、長期的に運用が行えるものを選ぶことが重要です。

AIチャットボットの運用には特に最初は時間がかかり、通常業務と並行して行うには難しい業務のため、おすすめなのは運用をすべて任せられるサービスを選ぶことです。
中でも「AIチャットボットさくらさん」であれば、面倒な運用は全て任せることができ、JRや最高裁判所など大手企業・自治体にも採用されており導入実績も豊富なため安心です。
これからAIチャットボット導入を検討している企業担当者は、長期的に運用しやすく成果が出やすいものかを是非考えてサービス選定をしましょう。

AIチャットボットさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

AIチャットボットのトライアルは意味がない?失敗に陥る理由とは

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/customerservice

AIチャットボットさくらさん

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません