home

>

Web改善さくらさん

>

Webサイト改修の落とし穴:避けるべき10の一般的な間違い

home

>

Web改善さくらさん

>

Webサイト改修の落とし穴:避けるべき10の一般的な間違い

Webサイト改修の落とし穴:避けるべき10の一般的な間違い

Webサイト改修は成功に向けて計画的に進める必要がありますが、時には注意すべき誤ったアプローチやミスステップが発生することがあります。以下では、Webサイト改修でやってはいけないことについて詳しく説明します。

【注目】AIがWebサイトの問題を発見し自動改善!!

AIがサイト訪問者の行動やニーズ、興味キーワードを解析し、問題発見から改善までを自動化します

...詳しくはこちら

目次

Webサイトを改修する際、多くの企業が陥る罠とは何か?成功へ導くために避けるべき代表的な誤りを徹底解析。本記事では、Webサイト改修でやってはいけないことについて詳しく説明します。

I. 設計編

A. 目的とターゲットの明確化を怠る

改修の目的や目標を明確に定義しないままプロジェクトを進めることは避けましょう。明確な目的とターゲットを設定することで、改修の方向性を統一し、結果的にユーザーエクスペリエンスの向上やビジネス目標の達成につながります。

B. 目標数値の設定を怠る

改修に伴う成果や効果を測るために、具体的な目標数値を設定しましょう。例えば、ユーザーエンゲージメントの向上やコンバージョン率の増加など、定量的な目標を設けることで、改修の成果を評価できます。

II. 構築編

A. レンタルサーバーの使用

無料のレンタルサーバーを利用することは、Webサイトのパフォーマンスやセキュリティに悪影響を及ぼす可能性があります。信頼性の高いホスティングサービスを選び、必要な機能やスケーラビリティを考慮しましょう。

B. URLの正規化とSSL対応の怠り

URLの正規化やSSL対応は、検索エンジンの信頼性やセキュリティ向上に重要です。URLの一貫性を保ち、HTTPSプロトコルを使用することで、ユーザーエクスペリエンスの向上と検索エンジンランキングの向上が期待できます。

C. パンくずリストの不設置

パンくずリストは、ユーザーが現在の位置を把握しやすくするための重要なナビゲーション要素です。改修の際には、適切なパンくずリストを設置し、ユーザーのサイト内の移動をスムーズにすることを忘れないようにしましょう。

D. ページ表示速度の無視

改修後のWebサイトのページ表示速度は重要な要素です。ユーザーは速く応答するサイトを好みますので、画像やスクリプトの最適化、キャッシュの活用など、ページ表示速度を最適化する取り組みを怠らないようにしましょう。

E. モバイル(レスポンシブ)対応の不備

モバイルデバイスからのアクセスが増えている現代において、改修後のWebサイトはモバイルフレンドリーであることが重要です。レスポンシブデザインやモバイル専用のレイアウトを導入することで、モバイルユーザーに対して最適な表示を提供しましょう。

III. コンテンツ編

A. 著作権フリーでない画像の使用

改修に際しては、著作権を侵害しないように注意しましょう。著作権フリーな画像やライセンスを適切に取得した画像を使用することで、法的な問題を避けることができます。

B. 他サイトの文章のコピペ

他のWebサイトからの文章を無断でコピー&ペーストすることは避けましょう。独自のコンテンツを提供することで、SEOの観点からも価値の高いWebサイトを構築することができます。

C. サイズが大きすぎる画像の使用

改修後のWebサイトで使用する画像のサイズにも注意が必要です。大きすぎる画像はページ読み込み速度を遅くし、ユーザーエクスペリエンスに悪影響を与える可能性があります。適切な画像サイズの最適化を行いましょう。

D. 文章の単なる羅列

改修後のWebサイトのコンテンツは、ユーザーにとって有益で魅力的なものである必要があります。単なる情報の羅列ではなく、読みやすく、分かりやすい文章を作成し、ユーザーエンゲージメントを高めるよう心掛けましょう。

E. ソースや真偽が不明な情報の記載

改修後のWebサイトのコンテンツは信頼性が求められます。情報の出所や真偽性に疑問がある情報を記載することは避けましょう。信頼性の高い情報源からの情報を提供し、ユーザーに正確で価値のあるコンテンツを提供しましょう。

IV. SEO編

A. 外部リンクの購入

検索エンジンのランキングを上げるために外部リンクを購入することは、不正な手法とされます。代わりに質の高いコンテンツを提供し、自然な形で他のサイトからのリンクを獲得することに注力しましょう。

B. 隠しテキストでの対策キーワードの使用

テキストを見えないように隠し、対策キーワードを埋め込むことは、検索エンジンのアルゴリズムに違反する行為です。検索エンジンがコンテンツを適切に評価できるよう、自然で読みやすいキーワード使用に注力しましょう。

C. 不自然なキーワードの過剰使用

キーワードの過剰使用はキーワードスタッフィングと呼ばれ、検索エンジンの信頼性を損なう可能性があります。コンテンツの流れや自然な文章作成に従い、適切なキーワード使用を心掛けましょう。

D. meta keywordsへの対策キーワードの詰め込み

meta keywordsは、検索エンジンのランキングにほとんど影響を与えない要素となっています。対策キーワードを過剰に詰め込む代わりに、meta descriptionやタイトルタグなど、他のSEO要素に重点を置くべきです。

E. 複雑なホームページ構造

改修後のWebサイトのホームページ構造が複雑で理解しづらい場合、検索エンジンがサイトのコンテンツを効果的にクロールすることが困難になります。ユーザーと検索エンジンの両方にとって直感的で理解しやすい構造を作ることを心がけましょう。

V. 制作会社選定編

A. 途中解約不可の業者との契約

改修プロジェクトにおいては、途中で制作会社との契約を解除する可能性があることも考慮しましょう。途中解約が不可能な制作会社と契約すると、不満や問題が生じた場合に対応が難しくなります。契約前に解約条件や契約解除に関するポリシーを確認し、柔軟な契約条件を持つ制作会社を選ぶことが重要です。

B. 適切な制作会社の選定の怠り

改修プロジェクトの成功には、適切な制作会社の選定が欠かせません。実績や評判、技術力などを総合的に評価し、プロジェクトの要件や目標に適した制作会社を選ぶことが重要です。

C. 高額な見積もり金額にもかかわらず契約

高額な見積もり金額が提示された場合でも、複数の見積もりを比較し、適切なコストとバランスの取れたサービスを提供する制作会社を選ぶべきです。ただし、過度に安い見積もりに惑わされず、品質や信頼性も考慮しましょう。

D. 低額な見積もり金額に安易に契約

低額な見積もりに魅了されて安易に契約することは注意が必要です。品質やスケジュールの妥当性を確認し、信頼できる制作会社とのバランスを考慮した上で、適切な見積もり金額を選ぶようにしましょう。

E. 制約の多いCMSの選択

改修後のWebサイトを効果的に運用するためには、柔軟性と拡張性を持つCMS(コンテンツ管理システム)の選択が重要です。制約の多いCMSを選ぶと、将来の拡張やカスタマイズが制限される可能性があります。将来の成長に備えて、適切なCMSを選択しましょう。

VI. デザイン編

A. 統一されていないトンマナ

改修後のWebサイトは、一貫したブランドイメージやデザイントーンを持つことが重要です。統一されたトンマナ(トーン&マナー)を守り、一貫性のあるデザインを提供しましょう。統一された色彩、フォント、スタイルガイドを使用し、ブランドのアイデンティティを強化しましょう。

B. 過剰なアニメーションの使用

改修後のWebサイトでアニメーションを使用する場合、過剰に使用するとユーザーの注意を散漫にし、ページの読み込み速度を遅くする可能性があります。アニメーションは適度に使用し、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために慎重に取り入れましょう。

C. Flashの使用

Flashは過去の技術であり、多くのデバイスやブラウザでサポートされていません。改修後のWebサイトでFlashを使用することは避け、代わりにモダンな技術(HTML5、CSS、JavaScript)を活用しましょう。

D. 視認性の低い小さい文字

改修後のWebサイトで使用する文字のサイズは、読みやすさと視認性を考慮して決定しましょう。文字が小さすぎると、ユーザーが読み取りにくくなります。適切なフォントサイズと行間を設定し、情報の伝達を円滑に行えるようにしましょう。

VII. 運用編

A. 運用・保守の担当者の未指定

改修後のWebサイトの運用・保守を担当する責任者を明確に指定しましょう。適切なリソースと担当者を割り当て、Webサイトの定期的なメンテナンスやアップデートを行い、運用の円滑さを確保しましょう。

B. 運用・保守の予算の未設定

改修後のWebサイトの運用・保守には費用がかかります。適切な予算を設定し、必要なメンテナンスやアップデートを行うための資金を確保しましょう。運用に十分な予算を用意することで、Webサイトの品質とセキュリティを維持できます。

まとめ

以上が、Webサイト改修で避けるべきポイントです。これらのポイントに注意し、改修プロジェクトを計画・実施することで、より優れたWebサイトを構築し、ユーザーエクスペリエンスとビジネス目標の達成に向けた成果を上げることができます。改修プロジェクトを進める際には、これらのポイントを念頭に置きながら計画を立て、適切な判断と行動を行いましょう。

Webサイト改修でやってはいけないことについて詳しく見てきました。設計編では、目的とターゲットの明確化を怠らず、目標数値の設定にも注意しましょう。構築編では、適切なホスティングサービスやURLの正規化、SSL対応などに注意し、ユーザーエクスペリエンスとセキュリティを確保しましょう。

コンテンツ編では、著作権や情報の正確性に気を付け、ユーザーに有益で信頼性の高いコンテンツを提供しましょう。SEO編では、不正な手法を避け、自然なキーワード使用や適切な構造を考慮しましょう。

制作会社選定編では、契約条件や制作会社の実績を注意深く検討し、適切な選択を行いましょう。デザイン編では、統一性と視認性に配慮し、ブランドイメージを確立しましょう。

最後に、運用編では、適切な担当者と予算を割り当て、Webサイトの運用・保守を継続的に行う体制を整えましょう。

これらのポイントを意識して改修プロジェクトを進めることで、より良いWebサイトを構築し、ユーザーに価値のある体験を提供することができます。

Web改善さくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

Webサイト改修の落とし穴:避けるべき10の一般的な間違い

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/products/furumai

Web改善さくらさん

AIがサイト訪問者の行動やニーズ、興味キーワードを解析し、問題発見から改善までを自動化します

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません