home

>

AIチャットボットさくらさん

>

チャットボットは自分で学習させなければいけないのか?

home

>

AIチャットボットさくらさん

>

チャットボットは自分で学習させなければいけないのか?

チャットボットは自分で学習させなければいけないのか?

チャットボットの精度向上と利用率低下は密接な関係にあります。運用の質が鍵となり、QAの学習に時間がかかる課題も浮上します。自動学習の限界や運用の停滞から生じる精度低下を懸念する声もあります。しかし、AIによる学習内容の提案やChatGPTとの統合による自動生成技術が進化し、運用の効率化が期待されます。

自己学習AIがWeb接客業務を大幅に効率化

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

...詳しくはこちら

目次

チャットボットの精度向上と利用率低下の関係性

チャットボットにおいて最も重要な要素は運用です。お客様の質問に適切に対応し、解決に導くためには日々の運用が非常に重要です。QAの学習が基本となりますが、ここで多くの人がつまづきます。QAの学習には時間がかかり、運用の開始が遅れたり、運用の優先度が低くなってしまったりすることがあります。その結果、チャットボットの受け答えの精度が低下し、利用率も減少するという意見が広く見られます。

チャットボットで自動学習は利用できないのか?

現在のAI技術でも自動学習が可能ですが、自動学習されたものは必ずしも正確ではありません。時事ネタなどを楽しく受け答えする場合には問題はないかもしれませんが、企業のお問い合わせなどで利用する場合には注意が必要です。自動学習によって誤った回答が生成される可能性がありますし、それがQAの内容によっては大きな損失を引き起こす可能性もあります。

チャットボットは自分で学習させなければならないのか?

結局、チャットボットは「自分で学習させなければならない」という結論になってしまいます。しかしこれにより運用が停滞し、本来の目的である業務負荷の軽減に逆効果となることがあります。では、この課題をどのように解決すればよいのでしょうか。

AIによる学習内容の提案方式

この問題に対処するために、チャットボットは利用履歴や他の収集可能な情報を活用し、学習すべき内容を提案する機能が組み込まれています。これにより、学習の可否を判断する手間が軽減され、学習プロセスが簡素化されます。学習に苦労する方は、ぜひこの提案手法をご検討ください。また、ChatGPTとの統合により、企業のWEBサイトやマニュアルから回答を自動生成することが可能になりました。これらの技術を駆使して、AIチャットボットの運用手続きを最小限に抑える方向で日々進化しています。

AIチャットボットさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

チャットボットは自分で学習させなければいけないのか?

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/customerservice

AIチャットボットさくらさん

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません