home

>

AIチャットボットさくらさん

>

教育機関・学校におけるAIチャットボットの活用方法とは?

home

>

AIチャットボットさくらさん

>

教育機関・学校におけるAIチャットボットの活用方法とは?

教育機関・学校におけるAIチャットボットの活用方法とは?

AIチャットボットが教育現場で注目されています。本記事では、AIチャットボットを学校に導入するメリットや解決できる課題、どのように活用できるのかについて解説します。

自己学習AIがWeb接客業務を大幅に効率化

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

...詳しくはこちら

目次

AIチャットボットが解決できる課題

まず、AIチャットボットが解決できる教育機関における課題は以下があります。

生徒から質問にすぐ回答できる

教師は、複数の生徒からの質問に対応するため、回答までに時間がかかることがあります。しかし、AIチャットボットを導入することで、生徒が質問を投げかけた時に、迅速かつ正確に回答することができます。

教師の対応負担を減らせる

教師は、生徒からの質問に対応するだけでなく、授業や指導にも多くの時間を費やす必要があります。しかし、AIチャットボットに質問対応を任せることで、教師の業務負担を軽減し、授業や指導に集中できるようになります。

学生が質問しづらい環境の改善できる

授業中に質問することは、生徒にとって勇気のいることであることがあります。また、教室の雰囲気や人間関係の問題など、学生が質問しにくい環境があることもあります。しかし、AIチャットボットを利用することで、生徒は気軽に質問することができ、学習意欲の向上につながることが期待できます。

AIチャットボットの導入メリット

教育機関にAIチャットボットを導入するメリットは主に以下があります。

24時間いつでも質問に答えられる

AIチャットボットを導入することで、24時間いつでも質問に答えることができます。教師の担当時間外や休日でも、生徒からの質問に対応することが可能となります。

同時に多数の質問に対応できる

AIチャットボットは、複数の生徒からの質問に同時に対応できるため、教師が1人ひとりに対応する必要がありません。これにより、大量の質問にもスムーズに対応でき、教師の時間や労力の節約につながります。

質問に迅速かつ正確に答えることができる

AIチャットボットは、事前に学習した情報やデータベースをもとに、迅速かつ正確に質問に答えることができます。また、同じ質問に対して異なる答えを返すことがないため、一定水準以上の質の高い回答が期待できます。

教師の負担軽減につながる

AIチャットボットが生徒からの質問に対応することで、教師の業務負担が軽減されます。教師は、生徒からの質問に対応する時間やエネルギーを削減することができ、より効率的に授業や指導に集中することができます。

AIチャットボットの活用方法

AIチャットボットを活用する場面は主に以下があります。

授業のサポート

AIチャットボットは、授業中に生徒からの質問に答えるだけでなく、授業の進行や内容についても補助することができます。例えば、生徒が分からない単語の意味をAIチャットボットに尋ねたり、数学の計算式をAIチャットボットに確認することができます。

入試対策

AIチャットボットは、入試対策にも役立ちます。例えば、過去の入試問題に関する質問に対して、AIチャットボットが回答することで、生徒の理解度を高めることができます。

保護者からの問い合わせ窓口

AIチャットボットは、保護者向けの質問箱としても活用することができます。保護者からの学校や授業に関する質問や疑問に対して、AIチャットボットが回答することで、教師の負担を軽減することができます。

文化祭・イベントでの活用

AIチャットボットは、文化祭などのイベントでの案内係としても活躍できます。イベント当日のスムーズな案内を行えるほか、AIを活用することで目新しさや最先端技術に取り組んでいることのアピール、集客効果が見込めます。

AIチャットボットの学校での導入事例

ティファナが提供する対話型AI「AIさくらさん」の学校での導入事例を紹介します。

学校の文化祭の案内役として導入

近年では授業でAIに関するテーマを扱い、デジタル人材の育成に取り組む学校が増えてきています。「AIについて学びたい」という生徒からの願いを叶えるため、AIさくらさんが文化祭に参加し、来場者に出展内容や学校についての案内役を務めました。

・神奈川学戦の文化祭に参加
https://www.tifana.ai/news/20211208

・千葉県立幕張総合高等学校の文化祭に参加
https://www.tifana.ai/works/20220729

就職活動サポートとして導入

関西大学東京センターでは、訪れる就活生のサポートとしてAIさくらさんが試験導入されました。センターの利用方法を案内し、また、お問い合せから得た就活生の声を就活支援に活用し、学生へのさらなるサポートの向上に繋げることができました。
https://www.tifana.ai/works/20210621

AIチャットボットで業務を効率化しよう

AIチャットボットを教育現場で活用することには多くのメリットがありますが、導入の際には注意点もあります。例えば、対応できる質問には限界があることや、人間と異なる回答が返される可能性もあることなどです。教育機関がAIチャットボットを導入する際には、こうした限界や注意点を理解した上で、適切に活用することが大切です。

AIチャットボットさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

教育機関・学校におけるAIチャットボットの活用方法とは?

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/customerservice

AIチャットボットさくらさん

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません