home

>

AIチャットボットさくらさん

>

知らないと失敗する!AIチャットボットの効果測定と見るべき指標【担当者必見】

home

>

AIチャットボットさくらさん

>

知らないと失敗する!AIチャットボットの効果測定と見るべき指標【担当者必見】

知らないと失敗する!AIチャットボットの効果測定と見るべき指標【担当者必見】

AIチャットボットは導入して終わりではありません。効果的な運用と成果を最大化するためには、効果測定が必要不可欠です。適切な指標を把握し、その成果を評価することが重要です。本記事では、AIチャットボットの効果測定における見るべき指標について解説します。

自己学習AIがWeb接客業務を大幅に効率化

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

...詳しくはこちら

目次

効果測定で見るべき指標

AIチャットボットの導入効果を評価するためには、適切な指標を用いることが必要です。主に見るべきポイントは以下があります。

問合せ対応数

チャットボットが受け持った問い合わせ数を把握することで、人手の負担軽減度や利用率を把握できます。問い合わせ数の増減は、チャットボットの導入効果を示す重要な指標です。

回答率

チャットボットが適切な回答ができた割合を示す指標です。回答率が高ければ、チャットボットの応答精度が向上していることを意味します。

解決率(満足度)

ユーザーが問い合わせを解決したり満足度を得た割合を測る指標です。高い解決率と満足度は、ユーザーに役立つ案内が出来ていることの証となります。

導入前の目標設定が大切

AIチャットボット運用における効果測定の重要性を説明しましたが、そもそものゴールが間違っていると効果測定を正しく行うことも難しくなります。導入する際には、まず初めに「なぜAIチャットボットを導入するのか?」について明確な目標設定を行うことが重要です。
AIチャットボット導入の目標として、よくあるものは以下の2つです。

目標1:問合せ対応の負荷軽減

まず1つ目は問い合わせ対応の負荷軽減(業務効率化)です。
お客様からのメールや電話等での問合せが多く、業務がひっ迫している場合に、問い合わせ対応を自動化することを目的としてAIチャットボットを導入するケースです。

目標2:売り上げアップ

2つ目は売り上げアップです。
特にECサイトや商品・サービスを販売しているサイトにおいては、商品購入前のお客様の疑問を解消し、購入を促進する際にAIチャットボットを活用します。商品購入時に気になる、商品の詳細情報や配送、支払い方法等についてAIチャットボットが即座に案内できることで、商品購入率が上がります。

適切なAIチャットボット運用を行おう

AIチャットボットの運用を成功させるためには、効果測定が欠かせません。問い合わせ対応数、回答率、解決率などの指標を把握し、目標設定と評価に活用しましょう。

また、AIチャットボットは日々のメンテナンスを適切に行えるかが、運用の成功を大きく左右するポイントとなります。AIチャットボットのメンテナンスについて知りたい方は、「AIチャットボットはメンテナンスが導入成功の鍵!失敗しないコツを紹介」も併せてご覧ください。

AIチャットボットさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

知らないと失敗する!AIチャットボットの効果測定と見るべき指標【担当者必見】

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/customerservice

AIチャットボットさくらさん

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません