home

>

AIチャットボットさくらさん

>

【2024年最新版】AIチャットボットとは?基礎知識から導入方法や事例まで解説

home

>

AIチャットボットさくらさん

>

【2024年最新版】AIチャットボットとは?基礎知識から導入方法や事例まで解説

【2024年最新版】AIチャットボットとは?基礎知識から導入方法や事例まで解説

近年、AIを導入する企業やサービスは爆発的に増えてきています。AIチャットボットを使ったことがある方も多いでしょう。しかし、改めて「AIチャットボットとは?」「導入するまでの手順は?」というと、意外と分からないという方もいるのではないでしょうか。今回は、初心者の方でも分かるようにAIチャットボットについて、基礎知識から解説します。

自己学習AIがWeb接客業務を大幅に効率化

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

...詳しくはこちら

目次

AIチャットボットの種類

チャットボットとは、チャットでの質問に対して、適切な回答を自動的に返答するサービスのことを指します。

「チャットボット」には、
・AIが搭載されているもの(AIチャットボット)
・AIが搭載されていないもの(人工無能とも呼ばれます)
の2つのタイプがあります。

チャットボット=人工知能というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、
「チャットボット」というだけではAIが入っておらず、特定のキーワードに反応して回答を返すシステムも存在します。

ユーザーとより高度な対話をさせたいのであれば、AIが搭載された「AIチャットボット」を利用する方が良いでしょう。

AI搭載あり・なしのそれぞれのメリット、デメリットのついて詳しくは以下の記事をご覧ください。
【初心者必読】チャットボットの種類と特徴を解説!結局どれが一番いいの?

AIチャットボットの企業での活用例

最近では様々なHPのお問い合わせでチャットボットを導入する企業も増えてきているので、一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。
AIチャットボットは問い合わせ対応はもちろん、以下のような場面で活用されています。

・顧客サポート業務
・オンライン接客・販売
・マーケティング
・業務効率化

AIチャットボットを導入するメリットについては、以下の記事で詳しく解説しています。
【基本知識】AIチャットボット導入のメリット・デメリットを解説

 AIチャットボットの導入手順

AIチャットボットを導入する方法はいくつかありますが、一番簡単なのはチャットボットサービスを提供している企業にお願いすることです。今ではチャットボットサービスも様々な種類があるので、目的に合ったものを選ぶことも非常に重要なポイントとなります。

導入にあたって必要な手順を以下に紹介していきます。

1. 導入目的や課題を明確にする

何のためにAIチャットボットを導入するのか、目的を明らかにしましょう。

・電話問い合わせの入電件数を減らす
・問い合わせ対応者の人員を減らす
・商品予約の件数を増やす
・ECサイトの売り上げを増やす

など、達成したいゴールを明確にすることが大切です。

2.導入方法を決める

次に、どのような方法で導入するのかを決める必要があります。
自分でLINEにチャットボットを導入する、などITに詳しい社員がいれば自社内で導入対応を完結させることもできますが、AIチャットボットの専門家がいる会社に任せるのが一番楽で効果も上がりやすいでしょう。

今ではAIチャットボットサービスはたくさんありますので、
1で決めた目的を達成しやすいサービスを選ぶようにしましょう。

どのような基準で選べばよいのか分からない場合は、
以下のようなポイントに注目してチャットボットを比較検討するのが良いでしょう。

・導入後の運用の手間の有無
・価格、見込まれる導入効果
・外部サービスとの連携など、カスタマイズの可否

3.導入後の運用・改善

チャージスポットは導入して終わりではなく、導入してスタート地点に立てます。
導入して始めの段階では、あまり利用されないことや、利用されても上手く返答できないケースも多いです。
回答の精度を高めるための学習FAQデータのチューニング(調整や登録など)や、チャットボットを利用してもらうための周知・利用促進の活動が重要となります。初心者が行うにはなかなか難しい内容なので、ここも専門家に任せた方が安心です。

運用の手順や、運用に失敗してしまうケースについて以下で詳しく解説しています。
AIチャットボット導入時の注意点は?よくある失敗事例も紹介

また、導入後のメンテナンスについては以下の記事にて紹介しています。
AIチャットボットはメンテナンスが導入成功の鍵!失敗しないコツを紹介

AIチャットボットの導入効果・活用事例

AIチャットボットを導入することで得られる効果は主に以下があります。

・顧客満足度の向上
・コストの削減
・業務の効率化
・顧客のニーズ把握、マーケティングへの活用

企業にAIチャットボットは導入すべき

ここまでで、AIチャットボットの概要から導入手順、導入効果を解説してきましたが、まだAIチャットボットを導入していない企業は導入したほうが良いでしょう。

企業の業務内容や規模にもよるところもありますが、
本記事を読んでいて、AIチャットボットの導入を迷っている・検討している段階ということであれば、早めに導入することをおすすめします。

AIチャットボットは適切に導入・運用すれば、かける費用以上の大きな導入効果を得られます。AIは日々データを学習するので、導入するのであれば1年後、半年後よりも、今すぐ導入した方が良いでしょう。

初心者でもチャットボット運用で成功するには、手間なく導入効果を得られるAIチャットボットを選ぶことが一番です。
導入から運用まですべて任せられて、導入実績も豊富なサービスであれば「AIチャットボットさくらさん」がおすすめです。

AIチャットボットさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

【2024年最新版】AIチャットボットとは?基礎知識から導入方法や事例まで解説

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/customerservice

AIチャットボットさくらさん

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません