home

>

AIチャットボットさくらさん

>

AIチャットボットと大規模言語モデル(LLM)の基本知識と事業活用

home

>

AIチャットボットさくらさん

>

AIチャットボットと大規模言語モデル(LLM)の基本知識と事業活用

AIチャットボットと大規模言語モデル(LLM)の基本知識と事業活用

AIチャットボットと大規模言語モデル(LLM)は、自動応答システムの中でも最も注目されている技術です。本記事では、AIチャットボットとLLMの基本知識から、事業活用に至るまでを詳しく解説します。

自己学習AIがWeb接客業務を大幅に効率化

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

...詳しくはこちら

目次

生成AIで注目される大規模言語モデル(LLM)とは

大規模言語モデル(LLM)とは、非常に巨大なデータセットとディープラーニング技術を用いて構築された言語モデルです。ここでいう「大規模」とは、従来の自然言語モデルと比べ、計算量、データ量、パラメータ数を大幅に増やして構築されていることに由来します。生成AIのChatGPTの登場により、注目を集めるようになりました。大規模言語モデルは、人間に近い流暢な会話が可能であり、自然言語を用いたさまざまな処理を高精度で行なえます。

AIチャットボットと大規模言語モデル(LLM)の関係性

AIチャットボットとLLMは、自動応答システムの中でも最も注目されている技術です。LLMは、大量のテキストデータを与えることで文脈や言葉の意味を学習し、AIが特定の言葉の後に確率的に続きそうな言葉を並べていることが特徴です。チャットボットは、LLMを搭載したAI搭載型と非搭載のものに大別されます。最近ではChatGPT搭載型のAIチャットボットなどが登場しています。

事業活用におけるメリットとデメリット

AIチャットボットとLLMを事業活用することで、以下のようなメリットがあります。

メリット

- 業務効率化を促進できる
- 顧客満足度の向上に役立つ
- 集客やサービス品質の改善につながる
- CVR改善に役立つ

デメリット

- 時間と費用、手間がかかる
- すべての質問に回答できるわけではない

導入方法と注意点

AIチャットボットとLLMを導入する際には、以下のような注意点があります。

- 目的に合ったチャットボットを選ぶ
- チャットボット運用の体制を整える
- チャットボットの回答精度を上げるために、運用や分析を行う必要がある

また、AIチャットボットとLLMを導入することで、顧客対応の業務効率化や顧客満足度の向上につながることが期待されます。ただし、すべての質問に回答できるわけではないため、注意が必要です。

AIチャットボットさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

AIチャットボットと大規模言語モデル(LLM)の基本知識と事業活用

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/customerservice

AIチャットボットさくらさん

WebとAIのプロが何回でも何時間でも無料でサポート対応。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません