home

>

稟議決裁さくらさん

>

紙の稟議決裁をデジタル化したら、業務が快適に!

home

>

稟議決裁さくらさん

>

紙の稟議決裁をデジタル化したら、業務が快適に!

紙の稟議決裁をデジタル化したら、業務が快適に!

紙の稟議決裁に悩んでいたある企業のフィナンシャルプランナー、Aさん。会社がワークフローシステムを導入したことで業務の進捗が良くなったそうです。紙の稟議決裁をデジタル化することでもたらせるメリットについて詳しく説明します。

紙の稟議・承認フローを電子化します

意思決定を劇的にスピードアップしたい大手企業向けの稟議決裁システム

...詳しくはこちら

目次

紙の稟議に悩まされた

企業のフィナンシャルプランナーであるAさんは、これまで紙の稟議に悩まされてきました。毎回紙を書いて、上司に提出し、承認をもらってから次のステップに進むというプロセスは、時間も手間もかかり、正直ストレスでした。
しかし、会社がワークフローシステムを導入したことで、Aさんの業務の進捗は飛躍的に向上し、快適に業務をこなせるようになりました。
今回は、Aさんの体験をもとに、紙の稟議決裁をデジタル化することがもたらすメリットについてお話しします。

時間短縮につながる

稟議決裁では、書類を用意し、書き込み、提出という手順を踏む必要があります。このため、一つの稟議に時間がかかることが多いのです。しかし、ワークフローシステムを導入することで、これらの作業を大幅に短縮することができます。稟議書を作成する際に必要な項目やフォーマットがあらかじめ設定されているため、必要事項を入力するだけで完了します。また、上司の承認もオンラインで行えるため、迅速な進行が可能です。

ミスの軽減につながる

紙の稟議では、書類に記入漏れがあったり、書類の紛失や誤配送が起こることがあります。
しかし、ワークフローシステムを使えば、必要な項目を漏れなく入力するように指示されるため、ミスが減ります。
また、承認の履歴も確認できるため、トラブルが起こった際の原因特定が容易になります。

情報共有がしやすくなる

紙の稟議では、書類の配布や共有が面倒です。
しかし、ワークフローシステムを使えば、承認の進捗状況や結果が、関係者すべてにオンラインで共有されるため、情報共有がスムーズになります。また、必要な情報が見つけやすくなるため、情報の一元管理が容易になります。

業務の効率化につながる

ワークフローシステムを導入することで、稟議書の作成や承認のプロセスが自動化されるため、業務の効率化につながります。
さらに、ワークフローシステムは業務フローを可視化するため、業務プロセスの改善にもつながります。
例えば、稟議書の承認に時間がかかりすぎる部分がある場合、その部分を改善することで、全体の業務プロセスのスピードアップが期待できます。

グリーンITに貢献できる

紙の稟議は、大量の紙を使用するため、環境に負荷がかかります。
しかし、ワークフローシステムを導入することで、紙の使用量を大幅に減らすことができます。また、電子データ化によって、紙による文書管理が不要になるため、グリーンITに貢献することができます。

ちなみに、グリーンITとは情報技術を利用して、環境負荷を低減する取り組みのことを指します。具体的には、省エネルギーや再生可能エネルギーの利用、廃棄物の削減やリサイクルなど、環境に配慮した取り組みが含まれます。
グリーンITの取り組みによって、企業の経済的な利益だけでなく、社会や環境に対する貢献も期待できます。また、グリーンITは、企業や社会の持続可能性にも関わっており、今後ますます重要性が高まっていくと考えられています。

稟議にお悩みなら検討を

紙の稟議決裁をワークフローシステムでデジタル化することがもたらすメリットについてお話ししました。Aさんのように、紙の稟議に悩まされている方は、ぜひワークフローシステムの導入を検討してみてください。
業務の効率化だけでなく、環境負荷の軽減や情報共有のスムーズ化にもつながるため、企業の発展にも大きく貢献することができます。

稟議決裁さくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

紙の稟議決裁をデジタル化したら、業務が快適に!

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/products/approval

稟議決裁さくらさん

意思決定を劇的にスピードアップしたい大手企業向けの稟議決裁システム

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません