home

>

稟議決裁さくらさん

>

会社のムダを減らせる「稟議決裁システム」の実力とは

home

>

稟議決裁さくらさん

>

会社のムダを減らせる「稟議決裁システム」の実力とは

会社のムダを減らせる「稟議決裁システム」の実力とは

「稟議決裁システム」を導入することで、稟議手続きの効率化やコスト削減が可能になります。本記事では、稟議決裁システムの導入ポイントや効果的な活用法について解説します。

紙の稟議・承認フローを電子化します

意思決定を劇的にスピードアップしたい大手企業向けの稟議決裁システム

...詳しくはこちら

目次

会社にとって「稟議決裁システム」が必要な理由とは?

稟議とは、企業においてある程度の金額以上の支出を行う場合に必要な承認手続きのことです。しかし、その手続きには多大な人手や時間がかかるため、コストがかかるという問題があります。なぜそうなるのでしょうか?

業務に費やす時間を減らす

それは、稟議の手続きには紙やメールでのやりとりや、印鑑を使った承認などが必要であるためです。このような手続きにより、承認者のスケジュール調整や手書きの文書の作成、郵送や受け取りなど、非常に手間がかかります。
さらに、承認の履歴を記録する必要があるため、その管理も手間がかかります。
そこで注目されているのが、稟議決裁システムの導入です。
稟議決裁システムを導入することで、承認フローが自動化されるため、人手や時間を削減することができます。また、承認履歴を管理し、誰がどの段階で承認したかを把握することができるため、情報漏洩や不正発覚のリスクも軽減できます。

稟議決裁システムを導入するためのポイント

稟議決裁システムを導入する際には、以下のポイントに注意することが重要です。

システム選定

自社に最適なシステムを選定することが重要です。稟議決裁システムは、数多くの種類がありますが、自社の業務に合ったものを選ぶことが必要です。
また、クラウド型のシステムであれば、導入コストが低く済むため、検討してみることをおすすめします。

社内ルールの整備

稟議決裁システムを導入する前に、社内ルールを整備することが大切です。稟議の際の手順や承認フロー、使用するフォーマットなどを明確に定めることで、システムの運用がスムーズになります。

トレーニング

稟議決裁システムの導入後は、社員に対してトレーニングを行うことが重要です。システムの操作方法や社内ルールの説明を行うことで、全員が正しく運用できるようになります。

企業のコスト削減を目指す

稟議決裁システムを導入することで、稟議の手続きが効率化されます。
しかし、システムを導入しただけでは、本来の目的であるコスト削減や業務効率化を達成することはできません。そのためには、稟議の手続きを見直し、システムと連携することが必要です。
たとえば、稟議書のフォーマットをシステムに合わせたものに変更する、承認者を減らす、印鑑を使わないなどの方法があります。

以上、稟議でコストがかかっている企業には、稟議決裁システムの導入が有効です。しかし、システムの導入だけでは、本来の目的を達成することはできません。社内ルールの整備やトレーニング、稟議の効率化などを行い、より効果的にシステムを活用することが必要です。

稟議決裁さくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

会社のムダを減らせる「稟議決裁システム」の実力とは

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/products/approval

稟議決裁さくらさん

意思決定を劇的にスピードアップしたい大手企業向けの稟議決裁システム

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません