home

>

面接サポートさくらさん

>

AIを活用した人事評価のメリットやデメリット、事例

home

>

面接サポートさくらさん

>

AIを活用した人事評価のメリットやデメリット、事例

AIを活用した人事評価のメリットやデメリット、事例

人事評価にAIを導入することで、より効率的かつ公平な評価が実現できるようになります。しかし、AIを活用することで発生するデメリットや、従業員の信頼を得るための留意点にも注意が必要です。

AIが人事業務をお手伝い

面接も採用管理も人材育成も、AIが全てサポート。人事担当の負担を軽減します。

...詳しくはこちら

目次

人事評価とAI

人事評価とは、企業が従業員の働きぶりや能力を評価する業務のことです。しかし、従業員数が多くなると、その評価作業は大変なものになります。そこで、最近ではAI(人工知能)を導入することで、評価業務の効率化が期待されています。

しかし、AIによる人事評価にはメリットだけでなく、デメリットもあることが指摘されています。今回は人事評価でAIを活用することについて、そのメリット、デメリット、導入するうえで留意すべき点などを解説します。

AIの判断は正しいのか

AIの判断は、訓練データによって左右されます。そのため、訓練データにバイアスが含まれていると、AIの判断にもバイアスが含まれる可能性があります。たとえば、これまで白人男性を多く採用し、優遇してきた企業であれば、やはり同様の属性を持つ白人男性ばかりが採用される結果になってしまいます。

また、AIは常に学習と進化を続けています。そのため、AIの判断が常に正しいとは限りません。たとえば、新しい情報が入ってきた場合、AIの判断が変更される可能性があります。

このように、AIの判断は必ずしも客観的で公平で正しいとは限りません。AIの判断を利用する際には、その限界を理解し、注意する必要があります。

人事評価にAIを導入するメリット

人事評価にAIを導入することで、以下のようなメリットが考えられます。

評価作業の効率化

従業員数が多い場合、評価にかかる時間や人件費が大きな課題となります。しかし、AIを使うことで、評価作業の自動化が可能になり、大幅なコスト削減が期待できます。

評価の客観性

人事評価においては、評価者の主観的な判断が入り込むことがあります。しかし、AIを用いることで、客観的な評価が可能になり、公平な評価が行われるようになります。

評価の精度が向上

AIは、膨大なデータをもとに分析を行うことができるため、評価の精度が向上するとされています。例えば、従業員の業務成績や過去の実績、評価履歴などをもとに、より正確な評価が行われることが期待されます。

人事評価にAIを導入するデメリット

一方で、人事評価にAIを導入することには、以下のようなデメリットも指摘されています。

AIによる評価に対する不信感

AIによる評価に不信感を持つ従業員がでる可能性があります。従業員は、評価結果が自分のキャリアアップや報酬に影響することを考えると、評価の公平性や正確性について不信感を持つかもしれません。特に、AIがどのような要素をもとに評価を行っているかを明確に伝えられない場合、従業員が評価結果を受け入れることができない場合があります。

AIによる評価の検証が困難

AIによる評価が公正であるかどうかの検証が難しいことが挙げられます。AIは膨大なデータをもとに評価を行うため、その過程が複雑であり、評価の正確性や公平性の確認が困難である場合があります。そのため、AIが正確な評価を行っているかどうかを確認する仕組みを整備する必要があります。

プライバシーに関する問題

AIによる評価が、従業員の個人情報を含むデータを扱う場合、プライバシーに関する問題が発生する可能性があります。特に、個人情報保護に関する法律が厳しくなっている欧州などでは、AIによる評価についての規制が厳しい傾向にあります。

人事評価でAI導入を進めるために留意すべきこと

人事評価でAIを導入する場合には、以下のような点に留意しましょう。

AIがどのような要素をもとに評価を行っているかを伝える

AIがどのような要素をもとに評価を行っているかを明確に伝えることが重要です。従業員が評価結果を受け入れるためには、AIがどのようなデータをもとに評価を行っているかを理解し、その過程が公平であることを確認する必要があります。

必要に応じてAIの評価を修正する

AIによる評価の結果を人事部門が確認し、必要に応じて修正を行うことが重要です。AIは、過去のデータをもとに評価を行うため、人事部門が現場の状況を的確に把握し、AIが行った評価を修正することで、より正確な評価が行われるようになります。

AIによる評価の透明性を確保する

AIによる評価の透明性を確保することも重要です。評価の透明性を高めるためには、AIがどのようなデータをもとに評価を行っているかを明確に伝えるとともに、評価のプロセスや結果を従業員に適切に説明することが必要です。また、従業員がAIによる評価の過程や結果について疑問や不安を抱いた場合には、適切な説明を行うことで、従業員の信頼を得ることができます。

人事評価以外の分野でも活用されるAI

AIは、以下のような人事評価以外の分野でも活用されています。

採用や選考

AIを活用することで、自動的に履歴書や職務経歴書を分析し、採用や選考のプロセスを効率化することができます。また、AIを活用することで、採用時の人種や性別などの偏見を排除し、公平な採用を実現することも可能です。

エンゲージメント管理

AIを活用することで、従業員のエンゲージメントを高めるための施策を提案することができます。例えば、従業員の働き方やストレスレベルを分析し、改善策を提案することなどがこれにあたります。

人事マネジメント

AIを活用することで、従業員の能力やキャリアパスを分析し、適切な育成計画を立てることができます。また、従業員の離職リスクを予測し、早期に対策を講じることができます。これらの分野においても、AIを活用することで、より効率的かつ精度の高い人事管理が実現できるようになっています。

AIを活用する場面が増えていく

人事評価以外のHRテック領域でも、AIを活用することで、より効率的かつ精度の高い人事管理が実現できるようになっています。AIを活用することで、人事部門がより戦略的かつ成果を出すことができるようになるため、今後ますますAIが活用されることが予想されます。

面接サポートさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

AIを活用した人事評価のメリットやデメリット、事例

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/interview

面接サポートさくらさん

面接も採用管理も人材育成も、AIが全てサポート。人事担当の負担を軽減します。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事