home

>

面接サポートさくらさん

>

【採用担当者向け】AI面接のメリット・デメリット、活用ポイントとは?

home

>

面接サポートさくらさん

>

【採用担当者向け】AI面接のメリット・デメリット、活用ポイントとは?

【採用担当者向け】AI面接のメリット・デメリット、活用ポイントとは?

AI技術の進化により、採用プロセスにおいてAIを活用する企業が増えています。中でも注目されているのが、AIを用いた面接です。今回は、AI面接のメリット・デメリットや活用ポイントについて、採用担当者の方々に向けて解説します。

AIが人事業務をお手伝い

面接も採用管理も人材育成も、AIが全てサポート。人事担当の負担を軽減します。

...詳しくはこちら

目次

いま注目の「AI面接」とは

AI面接とは、人工知能を用いて面接を実施することです。具体的には、応募者の発話内容や表情、声のトーンなどを分析し、その人物像を評価する面接のことです。

AI面接によるメリット

AI面接を行うことで、従来の面接に比べて以下のようなメリットがあります。

面接官の負担軽減

AI面接により、採用担当者が行う面接の回数や時間を削減することができます。

客観的な評価

AIが応募者を評価するため、人間の主観的な判断や偏見が入り込むことがなく、公平な評価が行われます。

効率的な採用プロセス

AI面接は、多くの応募者を効率的に評価できるため、採用プロセスのスピードアップが期待できます。

フレキシブルな面接時間

AI面接は、24時間365日いつでも受けることができるため、応募者の都合に合わせた面接が可能です。

ストレスフリーな面接

人前での面接に抵抗がある人や、緊張してしまう人でも、AI面接であれば自宅などリラックスできる場所で面接が受けられるため、ストレスを感じずに面接に臨めます。

AI面接によるデメリット

一方で、AI面接ではデメリットが生じることもあるため、どのようなデメリットがあるか把握しておくことも重要です。

導入費用がかかる場合がある

AI面接システムの導入には高額な費用がかかる場合もあるため、導入には財務面の検討が必要です。

技術的な課題

AI面接の導入には、システムの構築や運用に関する技術的な課題があります。また、システムの精度についても、まだ改善の余地があるとされています。

企業の社風を感じづらい

AI面接では、対面での面接とは異なり、コミュニケーションの機会が限られるため、応募者が企業の雰囲気や文化を把握することが難しくなる場合があります。

評価の不透明さ

AI面接での評価基準が明確でない場合、応募者がどのような点で評価されているのか理解しづらく、不透明さを感じることがあります。

AI面接の活用ポイント

メリット・デメリットがあるAI面接ですが、適切な場面で活用すれば人が行うよりも効率的な採用活動を実現することが可能です。

スクリーニングに活用する

AI面接を用いることで、応募者の書類選考を終えた後、面接の時間を削減し、より優秀な候補者を選抜することができます。

遠隔地からの応募者との面接に活用する

AI面接は、場所を問わずに面接ができるため、遠隔地からの応募者との面接に活用することができます。これにより、時間やコストを削減することができます。

公平な評価のために活用する

AI面接では、評価基準が事前に設定され、全ての応募者に対して同様の質問がされるため、公平な評価が可能です。また、人間の感情や主観的な判断を排除することができるため、偏見や差別のリスクを減らすことができます。

良し悪しを理解して、上手くAI面接を取り入れよう

AI面接には、企業にとっての負担軽減や効率化、公平な評価などのメリットがあります。一方で、導入費用や技術的な課題、評価の不透明さなどのデメリットも存在します。採用担当者は、企業のニーズや採用目的に合わせて、AI面接を活用するかどうか慎重に検討する必要があります。また、応募者にとっても、AI面接のメリットやデメリットを理解し、適切な対応を心がけることが大切です。

普及し始めたAI面接の今

AI面接は、2020年代に入ってから急速に普及し始めました。その背景には、以下のような要因が挙げられます。

・新型コロナウイルス感染症の拡大によるオンライン採用の拡大
・採用担当者の負担軽減や効率化のニーズ
・公平な評価の実現への期待

AI面接は、まだ発展途上にある技術であり、今後も技術的な課題やデメリットの解決が求められるでしょう。しかし、その一方で、AI面接には多くのメリットがあり、今後も採用の現場で活用されていくことが予想されます。

2023年現在、AI面接を導入している企業は、大企業から中小企業まで幅広く増えています。また、AI面接を提供するサービスも多数登場しており、導入コストや導入方法も選択肢が広がっています。

AI面接を導入する際は、企業のニーズや採用目的に合わせて、適切なサービスを選ぶことが重要です。また、AI面接のメリットとデメリットを理解した上で、導入を検討する必要があります。

AI面接を導入した企業の担当者の声

採用コストの削減と効率化

「私たちの会社では、AI面接を導入することで、採用プロセス全体の効率化を図っています。これにより、面接会場や面接官の手配、交通費といったコストを大幅に削減することができました。また、面接準備やスケジュール調整にかかる工数も減り、結果として採用コスト全体が大幅に削減されました」 

評価の一貫性と客観性の確保

「AI面接の導入により、面接評価の一貫性と客観性が向上しました。人間の面接官では、どうしてもバイアスや主観的な評価が入りがちですが、AIは一貫した基準で候補者を評価してくれます。そのため、公正な評価が可能となり、候補者に対しても公平な選考を提供できるようになりました」​ 

データの蓄積と分析

「AI面接を通じて蓄積されたデータを活用することで、採用判断の精度が向上しました。候補者の回答や表情、声のトーンなどを数値化して保存することができ、これにより、より詳細な分析が可能となりました。長期的には、これが我々の採用戦略にとって非常に有益なデータとなっています」​ 

心理的抵抗の克服とハイブリッド選考の重要性

「導入当初は候補者の中に心理的な抵抗を感じる人もいましたが、オンライン面接が一般的になってきた現在では、その抵抗も次第に薄れてきています。AI面接により選考を効率化し、選考の初期段階をAIに任せることで、人間の面接官が最終候補者にじっくりと時間をかけることができるようになりました。重要なのは、AIと人間のハイブリッド選考を実施することで、AIの得意分野はAIに、人間の判断が必要な部分は人間が担当するというバランスを取ることです」​ 

導入のハードルと対策

「AI面接システムの導入にはコストや専門知識が必要ですが、その初期投資を上回るメリットを享受しています。専門スタッフの育成や外部の専門家との連携を通じて、システムの構築・運用をスムーズに進めることができました。また、AIの画一的な判断に対する懸念も、人間の面接を併用することで解消しています」​ 

面接サポートさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

【採用担当者向け】AI面接のメリット・デメリット、活用ポイントとは?

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/interview

面接サポートさくらさん

面接も採用管理も人材育成も、AIが全てサポート。人事担当の負担を軽減します。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事