home

>

稟議決裁さくらさん

>

稟議のワークフローシステム化でハンコ不要に!脱ハンコのメリットとは?

home

>

稟議決裁さくらさん

>

稟議のワークフローシステム化でハンコ不要に!脱ハンコのメリットとは?

稟議のワークフローシステム化でハンコ不要に!脱ハンコのメリットとは?

企業での稟議(りんぎ)承認は、従来は紙で行われ、多くのハンコが必要とされてきました。しかし、近年ではワークフローシステム化により、ハンコ不要で稟議が完結できるようになりました。今回は、脱ハンコのメリットについて紹介します。

紙の稟議・承認フローを電子化します

意思決定を劇的にスピードアップしたい大手企業向けの稟議決裁システム

...詳しくはこちら

目次

稟議とは?ハンコが必要だった理由

稟議とは、上司の許可を得るために提出する書類のことです。多くの企業では、書類にハンコを押すことで承認が行われます。ハンコが必要だった理由は、書類の改ざんを防ぐためでした。書類にハンコを押すことによって、上司が明確に承認したことが確認できるため、権限の範囲内での適切な決定が行われることが期待されていました。
しかし、ハンコを押す作業は手間がかかり、時間がかかることが問題視されていました。書類の作成や提出に加えて、承認プロセスでのハンコの押印作業は、業務の効率性に影響を与える可能性がありました。特に大きな組織や複数の上司による承認が必要な場合には、ハンコの取りまとめや回収などの手間が増え、時間のロスが生じることがありました。

ワークフローシステムの必要性とは?

近年ではデジタル化やオンラインツールの導入により、ハンコを必要としない稟議システムが導入されることが増えています。電子サインや承認フローの導入によって、書類の作成や承認プロセスが効率化され、業務の迅速化が図られています。また、ハンコを必要とする場合でも、電子ハンコやスタンプの利用によって手続きを簡略化する取り組みも行われています。
稟議の承認プロセスは、組織や業界によって異なる場合がありますが、ハンコの必要性や利便性については、時代の変化とともに見直される傾向にあります。より効率的かつ迅速な業務遂行を目指すために、新たな手法やツールの導入が進んでいるのです。

ワークフローシステムを導入する必要性は、業務プロセスの効率化や生産性向上にあります。現在の多くの企業では、業務プロセスが複雑化し、紙ベースやメールなどの手動処理による遅延やヒューマンエラーのリスクが高くなっています。そのため、業務プロセスを自動化することで、これらの問題を解決する必要があります。
具体的には、ワークフローシステムを導入することで、以下のようなメリットがあります。

ワークフローシステムで稟議を進めるメリット

ワークフローシステムは、業務の流れを自動化するシステムのことです。具体的な例を挙げると、例えば社内で稟議を進める際に、ワークフローシステムを導入すると以下のようなメリットがあります。

承認フローの一元管理:

ワークフローシステムを使えば、稟議の承認フローを一元管理できます。例えば、社内で新しいプロジェクトを立ち上げる場合、関係部署の承認が必要ですが、ワークフローシステムを使えば、関係者全員が進捗状況や承認依頼をリアルタイムで把握できます。これにより、関係者間の連絡ミスや遅延を防ぐことができます。

デジタルでの書類共有:

ワークフローシステムを使えば、必要な書類をデジタルで共有できます。例えば、社内での契約書の承認手続きを考えてみましょう。従来の方法では、契約書をプリントアウトして関係者に渡す必要がありましたが、ワークフローシステムを使えば、契約書をデジタルでアップロードし、関係者に共有できます。これにより、紛失や紙の保管場所の問題を解消することができます。

承認までの時間短縮:

ワークフローシステムを使えば、稟議の承認までの時間を大幅に短縮できます。具体例として、社内での経費精算の承認プロセスを考えてみましょう。従来の方法では、経費報告書を作成し、上司に提出してから承認を待つ必要がありましたが、ワークフローシステムを使えば、経費報告書をデジタルで作成し、上司に直接承認を依頼できます。これにより、紙の書類のやり取りを省略し、承認までの時間を短縮することができます。

脱ハンコによる業務効率化とコスト削減

ワークフローシステムにより、ハンコが不要になることで、業務効率が向上します。ハンコを押す作業や書類の保管にかかる時間やコストが削減されるため、業務のスピードアップが期待できます。また、紙の使用量が減ることで、環境にも優しい取り組みとなります。さらに、ハンコを押すための印鑑や、保管用のファイルなどのコストも削減できるため、経費削減にもつながります。

ワークフローシステム化に必要なこと

ワークフローシステム化にあたっては、ワークフローシステムを導入する必要があります。次に、承認のルールや条件を設定し、承認されたデータの管理や保管を行う必要があります。そして、社内での周知徹底やトレーニングを実施し、社員の協力を得ることが必要です。

これらの課題を克服するために、AIツールを活用することが業務効率化の鍵となります。AIツールの一例としてChatGPTを利用することで、承認ルールの自動化やデータ管理の効率化が可能です。また、トレーニングや周知徹底の際にもAIツールを活用すれば、スケジュールの調整や質問への迅速な回答が可能となり、スムーズな導入が実現できます。

稟議のワークフローシステム化により、ハンコを使わずに稟議が完結できるようになりました。脱ハンコによる業務効率化やコスト削減、環境に優しい取り組みなど、多くのメリットがあります。しかし、ワークフローシステムの導入には、社内での周知徹底やトレーニングなどが必要です。

今後も新しい業務改善に取り組み、より効率的な業務を実現していきましょう。AIツールを含むテクノロジーの活用は、業務プロセスの最適化に大いに貢献します。

稟議決裁さくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

稟議のワークフローシステム化でハンコ不要に!脱ハンコのメリットとは?

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/products/approval

稟議決裁さくらさん

意思決定を劇的にスピードアップしたい大手企業向けの稟議決裁システム

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません