home

>

稟議決裁さくらさん

>

当てはまるのはどれ?ワークフローシステムの選び方

home

>

稟議決裁さくらさん

>

当てはまるのはどれ?ワークフローシステムの選び方

当てはまるのはどれ?ワークフローシステムの選び方

社内業務をスムーズに進めるためには、ワークフローシステムの導入が欠かせません。どれを選ぶべきか迷ってしまうことも。ワークフローシステムの選び方について解説します。

紙の稟議・承認フローを電子化します

意思決定を劇的にスピードアップしたい大手企業向けの稟議決裁システム

...詳しくはこちら

目次

そもそもワークフローシステムとは

ワークフローは、特定の仕事を行う際に使用される手順や手法を決めるルールブックのようなものです。例えば、お菓子を作る場合には、材料の使用順序や焼く工程、使用する調理器具などの手順をワークフローとして定めます。

ワークフローシステムとは、このルールブックを自動的に管理するシステムのことです。このシステムを使用することで、作業手順を視覚的に表示したり、自動化したりすることが可能です。その結果、作業の進行がスムーズになります。また、手順の進捗状況を容易に把握できるため、作業の管理も容易になります。さらに、手順に従って作業を行うため、ミスが減少し、作業品質も向上します。
ワークフローシステムは、企業や組織において業務プロセスを円滑に進めるための重要なツールの一つと言えます。

ワークフローシステムにも種類がある

ワークフローシステムは、その用途や目的によって異なる種類があります。
例えば、プロセス中心のワークフローシステムがあります。これは、ビジネスプロセスの自動化を重視したシステムであり、タスクの自動割り当て、進捗の追跡、タスクの完了管理などを行います。

ただし、プロセス中心のワークフローシステムでも、どの部門でシステムを使用するかによって基準が異なります。
同じプロセス中心のワークフローシステムでも、プロジェクト管理に使用する場合と、承認プロセス(申請から決裁まで)に使用する場合では、機能や必要な内容が異なります。要するに、解決したい課題を明確にすることが重要です。

明確な課題設定が必要

ワークフローシステムを選択する際には、自社の業務プロセスに最も適したシステムを選ぶことが重要です。まずは、社内の業務プロセスを整理し、最も解決したい課題を明確にする必要があります。

例えば、書類管理に課題がある場合は、書類の電子化や承認フローの自動化が必要となります。また、在宅勤務が増えている場合には、マルチデバイスに対応したワークフローシステムが適しているかもしれません。

次に、ワークフローシステムの機能やカスタマイズ性など、自社のニーズに合ったシステムを選ぶことが重要です。ワークフローシステムには、単純な承認フローから複雑なワークフローまで、さまざまな機能が存在します。また、システムのカスタマイズ性も異なるため、柔軟性の高いシステムを選択するか、逆に必要以上に複雑なシステムになっていないかを確認することが重要です。

業務効率化を目指して

ワークフローシステムの選択方法について、企業、自治体、官公庁のいずれにおいても同様です。
組織は自身の課題を明確にし、業務プロセスの改善や効率化、組織全体の生産性向上を図りたいと考えます。ワークフローシステムの選択において、組織はその特性に合致するシステムを選びます。自治体や官公庁においては、公共サービスの提供、法令順守、セキュリティ確保などが重要な要素です。一方、企業にとっては業界固有のニーズや競争力向上が焦点となります。システムの機能、データセキュリティ、拡張性、規制順守能力などを考慮する必要があります。

ワークフローシステムの導入により、組織は業務プロセスの合理化、生産性向上、ヒューマンエラーの削減を実現できます。しかし、適切なシステムを選択しない場合、予算超過、データ漏洩、トレーニングの課題、運用の難しさなどが懸念事項となります。そのため、慎重な調査、ROIの評価、ステークホルダーとの協力が必要です。組織はビジョンの共有と目標の明確化を行い、成功に向けたプロジェクトを実施します。ワークフローシステムはサービスによって、対応できる範囲に違いがありますので、何をどこまで業務を効率化したいか。ということも考えてサービスを選定をすることがおススメです。
組織がワークフローシステムを選ぶ際には、その独自のニーズや要件に合わせて選択するための詳細な検討が必要であり、戦略的な視点から投資とプロジェクト計画を策定することが不可欠です。

稟議決裁さくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

当てはまるのはどれ?ワークフローシステムの選び方

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/products/approval

稟議決裁さくらさん

意思決定を劇的にスピードアップしたい大手企業向けの稟議決裁システム

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事

おすすめ記事がありません