home

>

面接サポートさくらさん

>

【採用担当者向け】オンライン面接のカギはAI!進化する採用プロセスとは

home

>

面接サポートさくらさん

>

【採用担当者向け】オンライン面接のカギはAI!進化する採用プロセスとは

【採用担当者向け】オンライン面接のカギはAI!進化する採用プロセスとは

採用の現場では、オンライン面接やAI面接が注目を集めています。従来の面接と比べ、効率的な採用プロセスを実現できるというメリットがありますが、同時に課題も存在します。本記事では、Web面接やAI面接の導入が進む背景や特徴、さらにそれぞれのメリット・デメリットを探りながら、今後の展望について考えていきます。

AIが人事業務をお手伝い

面接も採用管理も人材育成も、AIが全てサポート。人事担当の負担を軽減します。

...詳しくはこちら

目次

採用面接の新たなスタンダード「Webオンライン面接」

面接とは、インターネットを通じて行われるオンライン面接のことです。
リモート面接、ビデオ面接、オンライン面接などとも呼ばれます。

Web面接の特徴は場所を選ばないため、移動や出張費用がかからず、時間や手間の削減につながることです。
また、遠隔地にいる人ともリアルタイムでのコミュニケーションが可能で、地域や時間の制約を超えた採用活動ができるという点も魅力でしょう。

Web面接の導入が進んでいる背景とは

Web面接の導入が進んでいる背景には、グローバル化やデジタル化の進展があります。
企業が世界規模で活動するようになり、採用活動においても遠隔地にいる応募者とコミュニケーションをとる必要性が高まってきたことが、Web面接の普及を促した要因のひとつです。

また、新型コロナウイルスの感染拡大によって、対面での面接が困難になったことも、Web面接の導入を加速させました。

Web面接のメリット

Web面接には、以下のようなメリットがあります。

時間や手間を削減できる

Web面接の最大のメリットは、時間と手間を削減できることです。
従来の面接は候補者や面接官の移動や待ち時間が必要でしたが、Web面接ならばオンライン上でのやりとりで済みます。
これにより、候補者と面接官の交通費や時間の節約が可能になります。

地域や時間の制約を超えた採用活動が可能に

Web面接を導入することにより、場所や時間に制約されずに面接を実施することができます。
特に、遠隔地にいる候補者や海外にいる人材採用など、従来の面接では難しかった採用活動が可能になります。

リアルタイムで遠隔地にいる人との面接ができる

Web面接なら、遠隔地にいる人との面接をリアルタイムで行うことができます。
そうすることで、採用プロセスがスムーズに進み、面接官が候補者の印象やスキルを正確に評価することができます。

Web面接のデメリット

また、以下のようなデメリットも存在しています。

通信環境の問題による音声や映像の乱れが生じる

Web面接では、通信環境の問題によって音声や映像の乱れが生じることがあります。
そうすることで面接の質が低下したり、候補者の印象が悪くなってしまうことがあります。

面接官との距離感がつかみにくい

Web面接では、面接官との距離感がつかみにくいことがあります。
候補者が面接官の表情や態度を正確に読み取れず、緊張感を持ち続けられない場合があります。

応募者の人物像が正しく伝わりにくい

Web面接では、候補者の人物像が正しく伝わりにくいという問題があります。
従来の面接では候補者の表情や仕草、物腰などを見ることができましたが、Web面接ではそれが難しくなってしまいます。
候補者の印象を正確に評価するためには、面接官側の質問力や候補者のスキルを正しく把握することが必要です。

さらに注目されるAI面接とは?

近年、Web面接に加えて、AI面接という革新的な面接手法が注目を浴びています。

AI面接とは、人工知能(AI)を活用して面接を実施する手段です。
AIは言葉の使い方や表情、発音などを分析し、面接官が把握しにくい情報を提供する役割を果たすことができます。
さらに、AIは自動的に応募者を自動で採点する機能も備えており、効率的な採用プロセスの実現が期待されています。

AI面接は、その便利さと効果的な情報収集能力により、ますます企業や採用担当者の注目を集めています。
今後、AI技術の発展とともに、AI面接は採用活動において重要な役割を果たすことが予想されます。
応募者と企業のマッチングの精度向上や採用プロセスの効率化に貢献することが期待される、画期的な手法です。

AI面接のメリット

AI面接では、以下のようなメリットを得ることができます。

効率的な採用プロセスが実現できる

AI面接を導入することで、応募者の選定や選考プロセスを効率化できます。
AIが自動的に面接の評価を行うため、面接にかかる時間や応募者を分析する時間を削減することが可能です。

客観的な評価が可能になる

AI面接ではプログラムが応募者の回答を解析し、人間の主観的な評価を排除して客観的な評価が可能です。
面接官の個人的な好みや偏見に左右されず、公平な判断ができるというメリットがあります。

大量の応募者の中から効率的に選定ができる

AI面接を導入することで、応募者の選定や選考プロセスを効率化できます。
AIが自動的に面接の評価を行うため、採用担当者の業務時間の内、面接時間を削減できます。

AI面接のデメリット

ただし、以下のようなデメリットもAI面接にはあります。

応募者の人物像が正しく伝わりにくい

AI面接では人間の感情や表情などの微細なニュアンスが捉えきれず、応募者の人物像が正しく伝わりにくい場合があります。
応募者が持つ魅力的な人物像が見逃されることもあるため、注意が必要です。

人間の感覚には及ばない面がある

AI面接は、人間の感覚や判断力には及ばない場合があります。
面接官が人間的な柔軟性を持っていることが大切であるため、AI面接を導入する場合でも、面接官の判断力や対応力が必要です。

精度によって誤った判断をすることがある

AI面接は、プログラムの精度によっては誤った判断をすることがあります。
特に、自然言語処理の精度や人工知能の学習方法によっては、誤った判断をすることがあるため、正確性を確保することが重要です。

最新のWeb面接ツール

最新のWeb面接ツールとして挙げられるものは、以下のとおりです。

ビデオ通話機能の強化

Web面接ツールの基本機能であるビデオ通話機能は、高画質・高音質化が進んでいます。また、画面共有や録画・録音機能の充実により、よりスムーズで効果的な面接を実現できるようになっています。

採用管理機能の充実

Web面接ツールには、応募者管理や面接結果の管理など、採用管理に役立つ機能が搭載されるようになっています。これにより、採用担当者の負担を軽減し、採用プロセスの効率化を図ることができます。

AI(人工知能)の活用

AIを活用した面接評価や、応募者の適性検査など、Web面接の精度や効率を高める取り組みが進められています。

技術革新がもたらす、採用プロセスの未来

Web面接やAI面接は、従来の面接に比べて効率的な採用プロセスを実現できるため、今後ますます導入が進むことが予想されます。
ただし、応募者の人物像を正しく伝えることや誤った判断を避けるためにも、技術の精度向上や、面接官と応募者のコミュニケーションの改善が必要です。

今後もさらなる技術革新が進む中で、より効率的でかつ適切な採用方法を模索していくことが求められるでしょう。

面接サポートさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

【採用担当者向け】オンライン面接のカギはAI!進化する採用プロセスとは

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/interview

面接サポートさくらさん

面接も採用管理も人材育成も、AIが全てサポート。人事担当の負担を軽減します。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事