home

>

面接サポートさくらさん

>

採用管理システムのカスタマイズが必要な理由と効果とは?成功事例から学ぶ

home

>

面接サポートさくらさん

>

採用管理システムのカスタマイズが必要な理由と効果とは?成功事例から学ぶ

採用管理システムのカスタマイズが必要な理由と効果とは?成功事例から学ぶ

採用管理システムは、採用活動を効率化し、人材の品質を向上させるために導入されるシステムです。しかし、そのままのシステムを導入しても、自社の採用プロセスに合わない場合があります。そこで、本記事では採用管理システムのカスタマイズが必要な理由と効果、ポイントについて解説します。

AIが人事業務をお手伝い

面接も採用管理も人材育成も、AIが全てサポート。人事担当の負担を軽減します。

...詳しくはこちら

目次

採用管理システムとは

採用管理システムとは、求人から応募者の管理、選考・内定の管理を一括で行うシステムです。ATS(Applicant Tracking System)とも呼ばれます。採用管理システムには、以下のような機能があります。

・求人情報の作成や管理
・応募者情報の管理や共有
・選考進捗や評価の管理
・日程調整や連絡の自動化
・採用サイトの作成や求人サイトとの連携

採用管理システムを導入することで、採用活動にかかる時間やコストを削減し、応募者の体験や満足度を向上させることができます。

採用プロセスに合わせたカスタマイズが必要な理由

採用プロセスは企業ごとに異なります。例えば、新卒・中途・アルバイトなど、求職者別に採用形態や管理方法が異なります。また、採用担当者の仕事の範囲や業務フロー、応募者への連絡方法なども企業によって異なります。

そのため、採用管理システムを導入する際には、自社の採用プロセスに合わせてカスタマイズする必要があります。カスタマイズすることで、以下のようなメリットがあります2。

・採用プロセスを効率化し、担当者の負担を軽減する
・応募者の体験や満足度を向上させる
・採用品質や採用力を強化する

採用管理システムのカスタマイズによる効果

カスタマイズによって得られる効果は、以下のようなものがあります。

効率化

カスタマイズによって、煩雑な作業や手間が省けることで、採用プロセスを効率化することができます。例えば、

・応募者情報を自動的に集めるフォームを作成することで、手作業での情報入力やエクセルでの管理を省くことができる
・選考フローを自動化することで、応募者へのメール送信や日程調整などを簡単に行うことができる
・選考基準や評価項目を設定することで、応募者へのフィードバックや内定通知などをスムーズに行うことができる

このように、カスタマイズによって、採用担当者の業務効率が向上し、採用プロセスの期間やコストを削減することができます。

応募者の体験向上

カスタマイズによって、応募者にとっても使いやすく魅力的なシステムになることで、応募者の体験や満足度を向上させることができます。例えば、

・採用サイトのデザインやレイアウトを工夫することで、応募者が求人情報を見やすく分かりやすく閲覧できるようにする
・エントリーフォームの入力項目や順序を変更することで、応募者が簡単に応募できるようにする
・応募者へのメールやSMSの内容やタイミングをカスタマイズすることで、応募者に適切な情報やアクションを促す

このように、カスタマイズによって、応募者の関心や信頼を高め、採用率や入社率を向上させることができます。

採用品質・採用力の強化

カスタマイズによって、採用プロセスの品質や採用力も強化することができます。例えば、

・書類選考や面接などの選考段階で、自動的に候補者の書類を評価したり、面接官に質問を提供したりする機能を利用することで、候補者の能力や適性を客観的に判断できるようにする
・応募者のデータやフィードバックを分析する機能を利用することで、採用プロセスの改善点や効果測定を行えるようにする
・採用管理システムと他のシステム(人事管理システムや給与管理システムなど)と連携することで、候補者から社員への移行をスムーズに行えるようにする

このように、カスタマイズによって、採用プロセスの品質や採用力を高めることができます。

採用管理システムのカスタマイズのポイント

採用管理システムのカスタマイズは、以下のポイントに注意して行う必要があります。

自社の採用プロセスを把握する

カスタマイズする前には、自社の採用プロセスを十分に把握することが重要です。自社の採用プロセスがどのような流れで進んでいるかを理解することで、必要なカスタマイズが明確になります。
具体的には、

・採用フェーズ(エントリー・書類選考・面接・内定・入社)ごとに必要な機能や設定は何か
・採用担当者ごとに必要な権限や役割は何か
・応募者への対応方法や情報の共有方法は何か

このように、自社に合わせた採用プロセスを明確にすることで、カスタマイズの方向性が決まります。

カスタマイズする機能を選定する

カスタマイズする機能を選定する際には、自社の採用プロセスに必要な機能や性能を優先的に考えることが重要です。カスタマイズする機能には、以下のようなものがあります。

・求人情報の作成や管理
・応募者情報の管理や共有
・選考進捗や評価の管理
・日程調整や連絡の自動化
・採用サイトの作成や求人サイトとの連携
・書類選考や面接などの選考段階での自動評価や質問提供
・応募者のデータやフィードバックの分析
・採用管理システムと他のシステムとの連携

これらの機能を自社の採用プロセスに合わせて追加・削除・変更することで、カスタマイズを行うことができます。ただし、あまりにも多くの機能をカスタマイズしすぎると、システムが複雑化し、使いづらくなってしまうこともあるため、必要最低限のカスタマイズに留めることが望ましいです。

システムのユーザビリティを確保する

カスタマイズする際には、システムのユーザビリティを確保することも重要です。ユーザビリティとは、システムが使いやすく分かりやすいことを指します。ユーザビリティが高いシステムは、採用担当者や応募者にとってもストレスなく操作できるため、効率的かつ快適な採用活動ができます。

ユーザビリティを確保するためには、以下のような点に注意する必要があります。

・システムの画面や操作方法が直感的でわかりやすいこと
・システムの動作が安定的で高速であること
・システムがエラーに対して適切な対処やメッセージを行うこと
・システムが採用担当者や応募者のニーズや期待に応えること

このように、カスタマイズする際には、システムのユーザビリティを損なわないように注意する必要があります。

採用プロセスに合わせてカスタマイズを

採用管理システムは、採用活動を効率化し、人材の品質を向上させるために導入されるシステムです。しかし、そのまま導入しても自社の採用プロセスに合わない場合があります。そのため、採用プロセスに合わせてカスタマイズする必要があります。

カスタマイズすることで、採用プロセスを効率化し、応募者の体験や満足度を向上させることができます。また、採用品質や採用力も強化することができます。

カスタマイズにあたっては、自社の採用プロセスを把握し、必要な機能を選定し、システムのユーザビリティを確保することがポイントです。

採用管理システムのカスタマイズは、採用プロセスの改善に向けて取り組むべき重要な課題の一つです。今後の採用プロセスの改善に向けて、採用管理システムのカスタマイズについて検討してみてはいかがでしょうか。それによって、より効果的な採用活動ができるようになるでしょう。

面接サポートさくらさん
について詳しくはこちら

あなたにおすすめの記事

採用管理システムのカスタマイズが必要な理由と効果とは?成功事例から学ぶ

DX相談窓口
さくらさん

澁谷さくら(AIさくらさん)

登録・チューニング作業をお客様が一切することなく利用できる超高性能AI。
運用やメンテナンス作業は完全自動化。問い合わせ回数や時間を問わない無制限サポート、クライアントの業務に合わせた独自カスタマイズで、DX推進を目指す多くの企業が採用。

関連サービス

https://www.tifana.ai/product/interview

面接サポートさくらさん

面接も採用管理も人材育成も、AIが全てサポート。人事担当の負担を軽減します。

詳細を見る

この記事を読んでいる人は
このサービスをよく見ています

サービスについての詳しい情報はこちら

あなたにおすすめの記事