ペンアイコン
最終更新日:
2022-08-06
ペンアイコン
公開日:
2022-02-19

RPAが解決する単純作業! ~ECサイト活用編~

目次
RPAが解決する単純作業! ~ECサイト活用編~

ルーチンワークを効率化するためにできること

皆さんはRPAをご存知でしょうか。業務効率化、AIの導入、IOT連携と並び一度は耳にしたことがあるかと思います。RPAとは一言で言い表すと「デスクワーク(定型作業)をパソコン上のロボットが代行する」ためのツールになります。RPAを有効活用することができればかなりの費用対効果が見込めます。この記事ではどのようにRPAをECサイトで活用することができるかについてご紹介いたします。

RPAを導入するメリット

日々行っている生産性の低い業務をロボットが代行することで以下のメリットが見込めます。・作業時間の削減ECサイトであれば「自社サイト」「大手ECモールサイト」などに商品を登録する作業などがあるかと思います。1、競合他社、商品の相場の金額を調査2、サムネイル、原稿を準備3、管理画面でひたすら商品登録このうち1と3はRPAで自動化することが可能になります。アパレルであれば季節が変わると一気にECサイト上の商品を入れ変えたり、食料品などは金額が目まぐるしく変動してくるかと思います。競合他社が多いほど、情報収集は大変になります。ましてや、人手不足が騒がれている中上記のような作業に人手を割くのはもったいないですよね。これらをRPAで行うことができれば、作業に1日5時間かかっていたとすれば人が行う作業は2のみになるので約1時間ほどに時短することが可能です。RPAが業務を担うことでそこにかかっていた人材を別の業務に回すことができるので人材不足の解消につなげることもできます。もちろんPC上のロボットなので日時関係なく作業を行ってくれます・ヒューマンエラーの削減商品データ登録を人間が行っている場合、意図せず記載ミスなどが起きてしまうことがあります。繰り返し行う作業の場合は上記のようなことが多々あるかと思います。登録する量が膨大であればあるほどそのミスに気づきにくくなるでしょう。RPAなら、エラーが起きれば通知で報告することも可能です。RPAはロボットであるためもちろん集中力などは関係ありません。一度登録した手順を正確に動作してくれるためヒューマンエラーで起こるミスを回避することが可能になるのです。

RPAを導入する際の注意

RPAを導入する場合、「とりあえず導入してみよう」ではなく・どういった業務を効率化したいのか。・効率化したい業務に検討しているRPAは適しているか。などをしっかり検討したうえで導入する必要があります。多くのRPAはシステムやプログラムの知識が必要なため、システム課の方に負荷がかかることが多々あります。社内でRPAを運用できる環境にあるかどうか、こちらも導入における注意点の一つにあたります。

DXさくらさんって?

RPAの活用方法や導入時の注意点などを踏まえたうえで導入障壁の低い「DXさくらさん」の紹介をさせていただきます。DXさくらさんの大きな特徴があります。プログラミングの知識が必要なく、パソコンの基本操作ができる方であれば誰でもロボットを組み上げることができます。システム課の方がプログラムを組んだとしても、実際に業務で使う方が使いにくいと感じるとなかなか運用に乗せるのは難しくなってきます。そういった弊害を回避するため、DXさくらさんでは実際に業務を行う方がロボットを組めるようなサービスとなっています。もちろん難しい挙動が必要な場合はプログラムを組んでロボットを組み上げることも可能です。上記の様に簡単で、かつ運用に乗せやすいRPAを提供させていただいております。RPAは導入・自動化をさせることがゴールではなく、業務を自動化・DX化したうえでどのような目的を達成したいのかを明確にしておくことで、はじめて運用が軌道に乗せられます。ご興味を持たれた方は下記よりサービス内容をご覧ください。▼DXさくらさんhttps://tifana.ai/rpa/

No items found.

こんな記事も読まれています

No items found.
さくらさん

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

No items found.

関連サービス

No items found.

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
人事向け健康管理セミナー
home

>

業種・サービス別

>

RPAが解決する単純作業! ~ECサイト活用編~