自治体DXを円滑に急速に推進するためのポイントとは

少子高齢化に伴う生産年齢人口減少による税減収や、福祉ニーズの増加のための財政基盤の強化を理由に、自治体の職員数は削減されています。その一方で、介護予防や待機児童問題など自治体が担う仕事は増えています。そういった環境において、さまざまな業種・業界において業務のデジタル化が進む中、多くの自治体でも行政サービスにおいてDX推進に取り組んでいます。

おすすめ情報

面接さくらさん