録画面接とは?

最近では、SkypeやZoomなどインターネットミーティングの普及や新型コロナウィルスによるテレワーク化の影響により、「録画面接」を活用する企業が一気に増えました。

さまざまなテクノロジーが急速に進歩する現代において、オンラインによる面接が企業と求職者の新たな橋渡し役となり、録画面接は企業にとって費用対効果を高めながら人材確保ができる採用方法となっています。


録画面接とは、PCやスマホのビデオチャットアプリを用いて行う面接のことです。

企業側は、口頭やテキストによる質問を設定して求職者に送付し、求職者は好きな時間に好きな場所で面接を受け、録画した動画を企業へ送信します。

これまでの対面式の面接とは違って、求職者と面接官が直接やり取りを行うということはありません。

デバイスさえあればどこでも面接ができてしまうため、企業側、求職者双方ともに負担が少なく採用活動を実施することが可能になっています。


そのような録画面接が普及してきた背景としては、SkypeやFacetimeなどのビデオチャットアプリの普及によりオンラインでのコミュニケーションが一般に定着化したことが挙げられます。

また、採用期間の短期化によって人材獲得競争が激しくなったことも大きな要因の一つです。

従来の対面式面接では、スケジュールの都合で、どうしても企業が接触できる求職者の数には限りがありました。

しかし、「録画面接」を取り入れたことにより、地方に居住する求職者にとっても面接参加へのハードルが下がり、応募者数の大幅な増加に繋がりました。

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
チャットボット疲れ解決セミナー