導入実績

No items found.

AI面接とは?

AI面接とは、従来の面接活動とは違い、AIが面接官として応募者とのやり取りすべて担当します。人間のスタッフが一緒に画面越しに応募者の話を聞いたりすることもなく、あくまでもAIと応募者とのコミュニケーションのみで面接が完結します。


ただし、やり取りの内容はしっかりしており、決して片手間に対応できるようなものではありません。質問に対する応募者の回答が適当だったりすると、AIはさらに掘り下げた質問をしてくるため、面接官の表情などから感情を読み取ったりすることなく、ただただ自分と向き合いながら考えをまとめて回答することが求められます。面接時間自体も1時間程度は必要で、時には人間のスタッフとの面接よりも時間がかかることもあります。面接が終了すると、AIが応募者の回答を一定の基準で評価し、サービスによっては回答内容が文字起こしされるなどの機能もあります。


また、AIと面接をすること自体がゴールではなく、そのデータを基に、人間のスタッフが二次面接を行います。そのため、面接のすべてがAIだけで完結するようなイメージではありません。


AI面接とはいえ、最終的な判断や決定は人間によって行われるため、積極的にAI面接を取り入れている企業も増えています。中小企業や地方自治体など、業種・業界を問わず活用されています。


実際に導入した企業や自治体からは、面接のクオリティは落とさずに採用活動にかかる手間を削減したかったため、AI面接がかなり貢献してくれたという評判が見られます。


AIの評価と人間のスタッフの評価にほとんど大差がなかったという意見も多く、今後どんどん導入企業や自治体が増加していくことは確実と言えます。

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
働き方改革セミナー