ペンアイコン
最終更新日:
2022-08-24
ペンアイコン
公開日:
2022-08-24

Society 5.0の実現に向けた課題と不可欠な技術とは?

日本が目指すべき未来社会として提唱されている「Society 5.0」。最新のテクノロジーを駆使してさまざまな課題を解決する未来の社会では、生活様式や働き方がどのように変わるのでしょうか。


今回は、Society5.0の概念や目的、実現に向けた課題などを詳しく解説します。Society5.0の実現に不可欠な技術も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次
Society 5.0の実現に向けた課題と不可欠な技術とは?

Society 5.0とは

Society 5.0とは、内閣府が「第5期科学技術基本計画」で提唱している概念です。


これまでの社会は、下記のようにSociety1.0~4.0と定義されています。

・狩猟社会(Society 1.0)

・農耕社会(Society 2.0)

・工業社会(Society 3.0)

・情報社会(Society 4.0)

Society 5.0は、Society 4.0に続く新しい社会です。内閣府では「我が国が目指すべき未来社会の姿」と位置付けています。

従来の社会とSociety 5.0の違い
引用:内閣府「Society 5.0」


現在の社会は、「Society 4.0」と定義づけられている情報化社会です。暮らしの質は高まり利便性も向上していますが、過去の社会で生じた問題や情報化社会ならではの課題も数多く残されています。


このような課題を最新のテクノロジーの力で解決し、高度でスマートな社会を実現するのがSociety 5.0です。具体的には「フィジカル空間(現実空間)」と「サイバー空間(仮想空間)」を高度に融合させ、経済の発展と社会的課題解決の両立を目指します。

Society 5.0が解決する課題

IT化が進んだ現在でも、解決すべき課題はさまざまな分野に残っています。とくに下記3分野は早急に解決すべき課題として注目を集めています。

・医療分野

・教育分野

・物流業界


それぞれ詳しく見ていきましょう。

医療分野の課題

医療分野は最先端の技術が活用されているイメージもありますが、実際には情報通信技術の活用余地が多く残されています。


そのため、医療分野の「超スマート化」が実現すれば、業務効率化と自動化によって医療従事者の負担軽減が期待できます。医師が発見できなかった病気の予兆をAIが検知できるようになれば、現代医療では難しかった早期治療にも可能になるでしょう。

教育分野の課題

仮想空間と現実空間の高度な融合は、教育の分野にも大きな変革をもたらします。現在では一斉一律授業が行われていますが、Society 5.0では基礎的学力を習得させたうえで、個々の学習進度や能力に応じた学びの場を提供します。学習状況は「スタディ・ログ」として電子データ化・蓄積し、精度の高い学習を支援します。

物流業界の課題

需要が急増している物流業界では、人材確保と業務効率化が急務となっています。Society 5.0では、長距離トラックの自動運転配送やドローンによる個別配送を実現し、人手不足の解消を目指します。配送業務の完全自動化は、物流業界における働き方の多様化にもつながるでしょう。

Society 5.0の実現に向けた課題点

Society 5.0の実現に向けては、次のような課題が残されています。

・技術力不足

・セキュリティ対策

・個人情報の扱い


それぞれ詳しく解説します。

技術力不足

現在でも情報はさまざまなシーンで活用されていますが、Society 5.0は分析と活用までの流れが異なります。


現在は、フィジカル空間からサイバー空間にアクセスして、集積された情報やデータを入手・分析しますが、Society5.0では、サイバー空間に集積したビッグデータをAIが解析してフィジカル空間にフィードバックします。

これまでの社会での情報化技術とSociety 5.0における情報技術
引用:内閣府「Society 5.0


そのため、集積したデータをリアルタイムで処理しながら活用できる能力の確保が求められるのです。しかし、内閣府は「データ基盤の確保が海外よりも遅れている」と指摘しており、社会全体で相互活用できる仕組みの早急な整備を提唱しています。

セキュリティ対策

多くのデータが取り扱われるSociety 5.0では、情報流出やハッキングなどの問題が深刻化する恐れもあります。現在でもさまざまなセキュリティ対策は講じられていますが、100%安全とは言い切れません。


高度で多大なデータに対応できる堅牢なシステムとセキュリティ対策は、技術変革と切り離せない課題のひとつと言えるでしょう。

個人情報の扱い

個人情報の取り扱いも懸念材料のひとつです。AIによる分析には多くのデータが必要になりますが、その保管や使用目的は厳格に決めなければいけません。


個人情報保護法に則るだけでは不十分です。「個人情報を取得した場所」や「AIが個人情報を使用するプロセス」を把握し、安全を確保したうえでデータを活用する必要があります。

Society 5.0の実現に不可欠な技術

ここからは、Society5.0の実現に欠かせない技術「AI」「ビッグデータ」「5G」について詳しく解説します。

AI

AIは画像認識や自動言語処理だけではなく、自動運転から医療まで、ほぼすべての業界に適用できるとされています。ディープラーニングと呼ばれる高度な学習過程を経たAIは、従来よりも高度な業務に従事することが可能です。

ビッグデータ

ビッグデータとは「さまざまな形式や種類のデータ群」のことです。単に「大きなデータ」という意味合いではなく、「真実性」「多様性」「速度」「価値」などの要素から成り立っています。近年ではIT技術の発達によって多大なデータを収集できるようになったため、あらゆる分野でビッグデータが活用されています。

5G

5Gとは「第5世代移動通信システム」のことです。大容量データを高速で送受信できるため、社会基盤の発展を支える技術として期待が高まっています。

まとめ

Society 5.0は、AIやビッグデータを活用して多くの課題を解決に導く新しい未来の姿です。医療や教育の分野にも大きな変革が起こると予想されますが、実現に向けた課題も少なくありません。


今後はセキュリティや個人情報の問題も意識しながら、人々の暮らしを豊かにするシステム改革を考える必要があるでしょう。

No items found.

こんな記事も読まれています

No items found.
さくらさん

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

No items found.

関連サービス

No items found.

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
人事向け健康管理セミナー
home

>

業種・サービス別

>

Society 5.0の実現に向けた課題と不可欠な技術とは?