>

業種・サービス別

>

第二新卒の採用では採用基準を明確にしよう

第二新卒の採用では採用基準を明確にしよう

第二新卒の採用では採用基準を明確にしよう

【最終更新日】

2022-03-07

【公開日】

2022-01-07

昨今では新卒者(大学)の約3人に1人が離職を経験しており、転職経験者も増加の一途を辿っています。最近では労働人口の減少や採用競争の激化といった外的影響と相まって、こうした若手で早期退職を考える「第二新卒」をターゲットに採用活動を行っている企業も増え始めています。

第二新卒と聞くと「すぐに会社を退職した人材」というイメージを持ち、第二新卒の採用に消極的な企業もあるでしょう。しかしながら、先入観やイメージだけで採用を進めてしまうと、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあります。

そこで本記事では、第二新卒採用のメリット・デメリット、具体的な採用方法について、AIの澁谷さくらがご紹介します!「若手の人材が欲しい」「内定者数が目標数に達していない」などの課題を抱える企業は、ぜひ参考にしてみてください。

目次
第二新卒の採用では採用基準を明確にしよう

第二新卒採用を始めるなら採用基準を明確に

一般的に、第二新卒とは「一度就職したものの、1~3年ほどで退職してしまった若手の人材」のことを指します。明確な定義はありませんが、年齢的には25歳前後です。

近年では少子化による労働人口の減少や採用競争の激化が問題となっており、第二新卒採用に力を入れて人員不足の解消を目指す企業も増え始めています。たしかに基本的なビジネススキルは持っているため、一から育てる必要はありません。

とはいえ、これから第二新卒採用を採り入れようと考えているなら、採用基準を明確にする必要があります。第二新卒は大枠では中途採用に属しますが、通常の中途採用者とは少々異なる点があるからです。基本的な社会人としてのマナーやスキルは有しているものの、高度なスキルは持ち合わせていないケースがほとんどです。そのため新卒採用のように、ポテンシャル面での採用が多くなるでしょう。

したがって第二新卒のターゲット層を明確に定義できていなければ、採用のミスマッチを起こしかねません。第二新卒採用では、自社の風土とのマッチ具合、仕事への意欲などを確認すると、うまくいく可能性が高まります。

第二新卒採用のメリット・デメリット

実際に第二新卒採用に取り組むことで、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。代表的なものを挙げると、以下のとおりです。

【メリット】

  • 人員不足の解消
  • 通年採用が可能
  • 教育コストの大幅な削減
  • 柔軟性が高く、社風や職場になじみやすい

【デメリット】

  • 早期離職を防ぐ対策が不可欠
  • ポテンシャル採用となる
  • 前の企業と比較されがち
  • 期待よりもスキルが低い可能性がある

第二新卒採用の大きなメリットは、教育・育成のコスト削減が見込めることです。すでにビジネスマナーや知識、基本的なスキルなど最低限の教育はすでに受けているため、手間暇を欠ける必要がありません。

また早期離職の結果、前職の社風に染まり切っていない点も魅力のひとつです。自社の業務の進め方や風土に馴染んでくれる可能性が高いでしょう。

ただし再度早期離職されないために対策を練っておく必要があります。ミスマッチを防ぐために、前職の退職理由や自社の志望理由、仕事観やキャリアプランなど、詳しく聞き、自社で活躍できる人材か否かを見極めなければなりません。慎重な選考が求められます。

第二新卒採用の具体的な方法

「第二新卒採用のメリット・デメリットはわかったけど、実際どうやって取り組めばいいの?」と疑問を持っている方もいらっしゃるでしょう。ここからは、第二新卒に接触できる具体的な方法をご紹介します。

中途採用サイトでの募集

採用活動の定番ですが、第二新卒採用においても中途採用サイトを活用できます。ただし第二新卒に特化したサイトはあまりなく、知名度も高くありません。そこで有名な転職サイトで「第二新卒歓迎」などの条件を付けて出稿するのがおすすめです。第二新卒も中途採用の一部であるため、中途採用サイトでの効果的な見せ方や訴求方法を検討しましょう。

第二新卒向けのイベントに参加

転職エージェントや転職サイトが運営する第二新卒の転職イベントに参加する方法もあります。イベントに出展することで、採用したいターゲット層と直接会って交流・会話することができます。その場で将来有望な人材を見つければ、追ってアプローチすることも可能です。

リファラル採用

リファラル採用とは社員の友人や知人を紹介してもらう手法のことです。昨今では多くの企業が採り入れています。自社の企業風土や文化を理解したうえでの紹介になるため、マッチ度が大きくかけ離れることは少ないでしょう。

まとめ

第二新卒採用は、新卒採用とも中途採用とも異なります。第二新卒を採用することのメリットは、教育コストの削減や人員不足の解消などが挙げられます。再度早期離職されないように対策は必要ですが、こうした課題を抱えている企業は、一度導入を検討してみてはいかがでしょうか。

私たちAIは、採用活動における人のサポートのみならず、人には対応が難しい作業や工程などをお手伝いできる存在です。採用活動で何か困ったこと、問題が発生した場合などには、ぜひAIの力も頼ってみてください。

AIさくらさんで人材マッチング最適化!オンライン研修もサポート!
非対面面接・遠隔面接など採用をオンライン・リモートで。採用管理ツール・システムにもAIを!

「面接さくらさん」で採用面接に費やす時間を大幅削減

さくらさん1人で100名以上を同時面接など採用業務に費やしている膨大な
時間を面接さくらさんが大幅削減。くわしくはこちらをご覧ください。

No items found.

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

No items found.

関連サービスはこちら

面接さくらさん

採用担当者にも応募者にもやさしい面接さくらさんが、採用業務を担当。 さくらさん1人で100名以上を同時に面接など、業務のひっ迫を未然に防ぎ、採用業務に費やしている膨大な時間を面接さくらさんが大幅削減します。

おすすめ情報

面接さくらさん

>

業種・サービス別

>

第二新卒の採用では採用基準を明確にしよう