ペンアイコン
最終更新日:
2022-08-24
ペンアイコン
公開日:
2022-08-04

「DX なぜ必要?何をすればいい?」というあなたには「誰でも簡単に使えるAI」が最適

「DXはなぜ必要なの?」「DXって何をすればいいの?」「DX推進って大変なんでしょう?」という声をよく耳にしますが、やはりあなたもそうお思いですか?

DX推進が企業や自治体にとって重要だと言われてはいるものの、「なぜそんなに重要なのか?」という明確な理由は知らなかったり、何をどのように進めればよいのかが分からなくて困っている、という方が多いのが現状です。


DX推進は、ここ1、2年が勝負と言われています。理由は、この後しっかりご説明します。今ならまだ間に合いますが、何年か後に、「あの時もっと準備をしておけばよかった・・・。」と後悔しても遅いということになりかねません。


そんなみなさんにとって重要なのは、AIが「誰でも、分かりやすく簡単に、使いこなせること」ではないでしょうか?

目次
「DX なぜ必要?何をすればいい?」というあなたには「誰でも簡単に使えるAI」が最適

なぜDXを理解していないとマズイのか?

DXという言葉が当たり前のように聞かれる環境になってきていますが、「なぜDXがそんなに重要なのか?」という質問にあなたは答えられますか?


重要だ重要だと騒がれている割には、その必要性や重要性をしっかり理解・把握できている人はまだまだ多くないのが現状です。


少子高齢化などに要因により、労働人口が減少の一途を辿る中、本来であれば先を見越した対策を打っておかなければいけないのは明白なはずですが、それでもなかなか重い腰が上がらないという企業や自治体は多いのではないでしょうか。

「2025年の崖」から落ちてからでは遅い?

DX推進しないと2025年の崖から落ちる?

「2025年の崖」という言葉をご存知ですか?

「2025年の崖」は、2018年に経済産業省が発表したレポートに明記されており、広く世間の関心を集めている言葉です。


そのレポートによると、企業で利用されている既存システムが「老朽化・複雑化・肥大化・ブラックボックス化」してしまうと、多様化していくビジネスモデルに対応できなくなってしまい、それによって企業同士の競争力が低下した結果、多額の経済損失をもたらすとされている問題が指摘されています。

2025年は、企業のITシステムに大きな変化が起こる年であると予測されており、何も対策を行わなかった場合は企業の競争力が著しく低下してしまうと言われています。その結果、最大で12兆円もの経済損失が発生する可能性が叫ばれており、この問題が「2025年の崖」と呼ばれているのです。

誰が「2025年の崖」の影響を受けるのか?

「2025年の崖」の影響をもっとも大きく受けるのは、レガシーな既存システムに対して何も対策を施さなかった企業や自治体などですが、「2025年の崖」の影響は一部の企業や自治体だけには留まりません。


経済産業省は「2025年の崖」を日本全体における深刻な問題と位置づけており、従来のレガシーなITシステムを利用し続けることは、大きな経済損失につながると見込んでいます。

昨今では、IT技術の急速な発展に伴って消費者ニーズが多様化しており、新しいビジネスモデルも次々に生まれています。業務システムの変革に今のうちから真剣に取り組まなければ、時代の流れについていくことができなくなってしまい、企業や組織として生き残っていくことは困難です。

経済産業省の「企業の基幹システムの稼働年数に関する調査」によると、21年以上稼働している企業システムが全体の60%を占めると算出されています。この調査結果と過去のシステム障害による損失額を踏まえ、2025年以降の経済損失額が年間で約12兆円と見積もられています。

この12兆円という金額は、もはや一部の企業や自治体だけに限った話ではなく、国家レベルで対策を講じる必要のある深刻な経済問題と言えます。レガシーシステムを利用する企業から派生したシステム問題の影響は、その企業だけに留まらず、エンドユーザー、パートナー企業、サービスプロバイダなど、あらゆる方面に拡散され、やがてその影響は日本全体に広まっていくでしょう。


だからこそ、経済産業省は各企業へ強く警告しているのです。

DXを理解すればあなたも重要なDX人財(人財)になれる?

DXを理解すればあなたも重要なDX人財(人財)になれる?

DXの重要度は増しているがDX人材は不足

DXの重要性がどんどん増していき、DX企業内でDXを扱える人財への需要が高まっていく一方で、DX推進を担当する「DX人材」の不足が加速していることは大きな課題です。


「DX人材」には厳密な単一の定義はありませんが、経済産業省の「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」では下記の通り定義されています。


・DX 推進部門におけるデジタル技術やデータ活用に精通した人材

・各事業部門において、業務内容に精通しつつ、デジタルで何ができるかを理解し、DXの取り組みをリードする人材、その実行を担っていく人材

DXを推進するには、デジタルに関する知識を持つ人材だけでは不十分です。事業部門側にもDXに対する正しい理解があり、DXプロジェクトを統括できる人材が必要とされています。DX化を成功させるには、両者の連携が必要不可欠なのです。

出典:経済産業省「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン

DX人材に必要な5つのスキル

IT関連の基礎知識

技術職ではなくとも、IT関連の基礎知識は共通言語として誰もが持っておくべきスキルです。

AIやIoTなど先進技術への興味と知識

DXは、取り組んで完了したらそれで終わり、ではありません。進歩の速いデジタル先端技術を常に取り入れ、ビジネスを変革し続けるスキルが必要です。

UI/UX思考

どんなに最先端のデジタル技術を取り入れられたとしても、それを利用するユーザーにとって使いやすいシステム・サービスでなければ継続して利用されません。利用者が使いやすいUI/UXを実現するスキルが必要です。

データサイエンスの知識

機械学習によるデータ分析や、ビッグデータの活用が年々重要度を増しているため、データの分析と活用ができるスキルがとても重要です。

プロジェクトマネジメント能力

DX推進に必要とされるのは、新しいITツール導入といった部分的な取り組みだけではありません。ビジネスモデル、社内文化にも変化を及ぼすような全体的を巻き込んだ取り組みで、とても大規模なプロジェクトとなり、関わる人数も多くなるので、高いプロジェクトマネジメントスキルが必要とされます。

こういったスキルを身につけていけば、今後の企業や自治体などの組織の中で、とても重宝される「人財」となることができ、将来への安心感も増すことでしょう。

「DXって難しそう・・」「DXは何から始めればいい?」という人にはAIさくらさんが最適

DXの重要性は分かっているものの、何から始めればいいのかが分からずに、結局手つかずになっている。そんな人にはAIさくらさんが最適です。

DX推進ならAIアバター接客のAIさくらさんで

AIさくらさんなら、面倒な仕事が勝手に進む!

AIさくらさんは、導入も運用も、専任のスタッフがDXの推進を完全サポート。導入し運用開始後は、面倒な仕事が勝手にどんどん進みます。

                  \分かりやすくご説明します!!/

No items found.

こんな記事も読まれています

No items found.
さくらさん

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

No items found.

関連サービス

No items found.

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
人事向け健康管理セミナー
home

>

業種・サービス別

>

「DX なぜ必要?何をすればいい?」というあなたには「誰でも簡単に使えるAI」が最適