ペンアイコン
最終更新日:
2022-11-11
ペンアイコン
公開日:
2022-02-19

業務自動化の導入効果を実感できるAIの活用法

あなたがやらなくてイイ仕事、ロボットに任せましょう

あなたがやらなくてイイ仕事、ロボットに任せましょう

RPAの制作業務まで行うのはティファナだけ

どんな業務を自動化すればいいか分からなくてもイイ!

業務自動化を、全てティファナがコンサルティング。

何をやれば良いか、一番効率が上がるのはどの業務か、全てお任せ。

業務そのものの改善提案

業務自動化には、その業務自体の見直しが必要な場合も。あまた企業の業務自動化を手がきたティファナのエキスパートが、コンサルティング。

DXが勝手に進む

RPAは敷居が高くなかなか取り組みづらいモノ。業務自動化さくらさんはティファナがあなたの代わりにDXを進めるので、

手間なく自動的にDX推進。

RPAを勉強しなくてイイ!

RPAの制作はティファナがやります。担当者は自動化したい業務をビデオに撮るだけ。

導入実績

No items found.

「業務自動化」と一言で言っても、AIチャットボット、AI接客、RPA、ペーパーレス化、データ分析など、さまざまなジャンル・手法が存在します。


AIさくらさんは、紙媒体の業務のデジタル化、データ分析、テレワークサポート、データ管理・共有など、企業のあらゆる業務を自動化・効率化しDXを推進。社内業務を円滑に効率よく進めるためのお手伝いをしています。


時間がかかっていた面倒な仕事も、AIによりどんどん勝手に進みます。

目次
業務自動化の導入効果を実感できるAIの活用法

企業が解決したい課題

・社員の知識やスキルをAIによる社内問い合わせ対応で平準化し、業務属人化を防止

・AIチャットボットで蓄積されたデータを基に、データ活用のプロが分析・改善提案

・ユーザーを個別認識し利用状況を可視化、個人ごとの問い合わせ対応が可能

AIの活用により解決できる課題

・担当者が休むと業務が止まってしまい納期に遅れる

・社員のスキルにばらつきがあり、一部社員に仕事が集中する

・データはあるのに、それを活用できる人材がいない

・困りごとがあっても誰に聞けば良いか分からず効率が下がる

・分からないことを質問したくても忙しそうで聞きづらい

・社内からしか情報にアクセスできずテレワークが定着しない

RPAの導入効果を実感できている企業もある一方で、「ツールを導入すればすぐに効果が出るに違いない」や、「一度設定すれば、あとは自動でやってくれるのであろう」という楽観的な考えをもとに導入した企業の多くが効果を実感できず失敗しています。


RPAのオペレーションは簡単になってきてはいるものの、導入効果を高めていくためのポイントは、「どの業務を自動化の対象とするかの考察」「継続的なRPAの推進体制」「RPAのエラー発生はよくあることとの理解不足」があるようです。人手不足が社会問題となっていたコロナ禍以前から、RPAは自動化や省力化、ヒューマンエラー防止を目的として、大手企業を中心に導入が進んでいます。

見えない固定費の削減に困っていませんか

致し方ないとしながらも、「RPAの操作をマスターする時間」や「ロボット作成に費やす時間」という見えない固定費が継続的にかかるのは悩ましいところです。


しかしながら、RPAさくらさんは特別な操作を覚える必要がないため、プログラムの知識が無くてすぐに始めることができます。


また、キーボードとマウスで操作する作業であればすべてロボット化でき、ブラウザの種類も問いません。セキュリティ上、出社しなければ行えない作業であってもRPAさくらさんは従業員の作業を代行できますので、テレワークが増えたコロナ禍では貴重な存在と言えます。

どこをRPAで自動化したらいいのか困っていませんか

RPAさくらさんは、一般的に言われている「自分たちで作るRPA」とは異なり、お客様がどのような業務を効率化したいのか、得られるメリットは何なのかを弊社のSEやコンサルタントがヒアリングし、それらをすべて整理した上で、お客様が求めるアナログの要求をデジタルの要件へまとめあげるところから行います。その後、どの部分にRPAを適応できるのか選択し、当社プログラマーが自社内に御社と同じ環境を構築して開発します。


よって、「導入はしたものの、どの業務で使うべきか分からない」や、「自動化できる範囲がわからない」というようなことは起こりません。

RPAを運用する人材に困っていませんか

RPAを運用していくためには、一般的に一定のプログラム知識とスキルを持った人材が必要です。


RPAは一度設定したら自動的に稼働し続けるするものではありません。1日に数回実行エラーがでることもあります。その度毎にメンテナンスをする人材が社内に必要になるため、ツール代に加えその人件費も発生し、思った以上にコストがかかることがわかります。


しかしながら、RPAさくらさんは管理不要で運用はティファナにお任せすることができます。自動化した業務ロボットの不調によってメンテナンスをしたりする作業もすべて弊社側で徹底サポートするため、運用担当者を別に設ける必要がありません。

AIさくらさん


→関連サービス「AIさくらさん」

物流業界向けのAI活用して事故防止と業務自動化を実施

物流・運送業界においても、コロナウイルスの感染拡大の影響を受けています。昨今続いていた人手不足に拍車がかかる中、突然の物資の買い占めによる運送の需要増加等、多くの影響が出ています。

そのような状況下で求められることは、業務の効率化です。荷台の温度管理・走行状況ののデータ集計、盗難リスク軽減のためのセキュリティ対策・・・。円滑に業務を行えるよう、AiやIoTの力を駆使して解決できることは沢山あります。業務負担を軽減させることにより、人手不足解消にも繋がっていくことでしょう。

AIやIoTの力によって任せられる仕事は任せ、ドライバーが安全に走行できるような体制を整えていきませんか?

荷台の温度管理・走行状況のデータ管理や集計に困っていませんか?
長距離トラックでは、途中のパーキングエリア等でドライバーが仮眠を取っている場合でも、トラックの荷台の温度を常に監視している必要があります。AIさくらさんならば、適温から温度が変化した場合、メールでアラートを知らせることが出来ます。
また、車両がどのルートを通ったか、荷台が何度であったかも運転日報として記録するので、そのデータを集計・分析し、走行ルートの最適化をAIで行わせることも可能です。

積荷の防犯対策に困っていませんか?
トラックから離れた際に、盗難にあうリスクがあります。AIさくらさんのIoT連携機能を使用することによって、セキュリティを高く保つことができます。
トラックの荷台を開閉する際にドライバーが毎回、鍵を閉めなくても顔認証によって自動的に開け閉めさせることができます。
ドライバー本人以外は開けられないようにするだけでなく鍵の閉め忘れも防ぎ、盗難リスクを軽減させることに繋がります。

車両の整備に困っていませんか?
ドライバーの仕事は、運転だけではなく、車両の整備も重要な仕事の1つです。物流の生命線であるトラック自体の整備もAIさくらさんのAIとIoT技術を駆使することで、タイヤの空気圧状況や微細な振動の異変から車両の異常を即座に知らせることが可能です。
今まで人の目で行ってきた整備をAIさくらさんに任せることで、ドライバーの負担は大きく軽減します。全車両の状況や整備が必要となる時期などの予測し、事故を未然に防ぐことが出来るようになります。

No items found.

こんな記事も読まれています

No items found.
さくらさん

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

No items found.

関連サービス

AIさくらさん

「AIさくらさん」がDX推進を担当。自己学習機能搭載、業務負担大幅軽減、面倒な仕事が勝手に進みます。AIヘルプデスク、業務自動化などDX推進をサポート、非対面でのアバター接客も。

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
働き方改革セミナー
home

>

業種・サービス別

>

業務自動化の導入効果を実感できるAIの活用法