ペンアイコン
最終更新日:
2022-09-09
ペンアイコン
公開日:
2022-02-19

AI活用で教師の負担が激減する?教育現場で人工知能はどう活用できるか

労働人口の減少によって、様々な業界において人手不足が問題になっており、学校教育の分野においても同様の問題に直面しています。そうした状況において、人間に代わって人工知能が教育を担うサービスに注目が集まっています。AIを教育現場へ導入することで、人手不足を補いながら効率的な教育サービスを施すことが可能です。

今回は、教育業界の課題をAIがどのように解決できるのかについて解説します。

目次
AI活用で教師の負担が激減する?教育現場で人工知能はどう活用できるか

教育業界の課題

それではまず、教育業界の課題について解説します。

少子化の影響による市場競争の激化

教育業界において、「少子化による影響」は重大な問題です。出生率の低下により、小学生の児童数は年々減少の一途をたどっています。少子化に伴って、子ども一人当たりにかける教育費は増加しているものの、今後教育業界の市場が大幅に縮小する可能性も十分に考えられます。

一人にかける教育費が増加したことから質の高い教育が求められるようになり、企業間の競争が活発化しているのが教育市場の現状です。こうした教育ニーズの高まりに応えるべく、教育サービスの改善・向上が求められています。

教育のICT化推進により、高い技術と設備が不可欠

文部科学省は、2020年度から始まった新学習指導要領で「情報活用能力の育成」を掲げており、次世代の人材を育成するためにICT化を推進しています。2019年に開始された「GIGAスクール構想」により、一人一台のタブレット端末で個別に合わせた学習の最適化が進められていることもICT化の一環です。

子ども達に学びを提供するためには、教師側もタブレット端末やソフトウェアの操作方法やITリテラシーについて熟知しておく必要があります。教育のICT化が急速に進む中で設備環境を整えることだけでなく、教師側の知識理解も急務となっています。

学習指導要領の改定によるカリキュラムの変化

新学習指導要領の改定より、教育カリキュラムが大きく変わることになります。教育の現場では、そうした新しいルールの中で迅速に対応していかなければなりません。通常の業務にくわえてカリキュラムの整備やカリキュラムに沿った授業の準備などの対応に追われることになります。

学習指導要領に沿ったカリキュラムでの教育を提供するために、教師側の負担が増えていることも教育課題のひとつであるといえるでしょう。

AIさくらさんが教育業界の課題を解決

教育の現場は常に変化が求められており、業界の課題は山積みです。教育の変化に適応しながら生徒に合った教育を提供し、日々の業務に追われて疲れ切っているという方も多いのではないでしょうか。そんな教育の課題を解決する糸口となるのが、弊社のサービス「AIさくらさん」です。


ここでは、AIさくらさんの導入でどのようにお悩みを解決できるのかについて解説します。

AIによる適応学習のサービス提供を実現

生徒の理解度に応じて、必要な学習項目や問題の難易度などを最適化する学習方法のことを適応学習といいます。

しかし、生徒ひとりひとりの理解度を把握し、それに沿った学習を提供するのは難しいことでもあります。AIさくらさんを導入すれば、学習状況の蓄積データをもとに生徒ひとりひとりに合った最適な学習を提供することが可能です。前の学年の分野に躓きがあれば、AIさくらさんがそれに気付いて弱点を補強するように出題を工夫します。

生徒の弱点を集中的に補完していく効率的な学習メソッドによって、効率よく短期間で学習を進められるのです。生徒ひとりひとりのデータを分析し、学習指導を最適化することにより教師側の負担を軽減でき、なおかつ生徒にスムーズな学習理解を促します。

生徒の学習状況をAIが分析して問題を出題

AIさくらさんは、生徒個別の学習状況に応じた問題を出題できます。解答までのプロセス、解答に必要なスピード、勉強中の集中力など、生徒に関する様々な情報をAIさくらさんが収集し、生徒が理解していない分野を把握します。


その後、理解が十分ではない分野に関する問題を集中的に出題し続けることで、生徒の学習精度を高めることが可能です。AIさくらさんなら、スムーズに生徒個別の学習状況を分析し、適切な学びを提供できます。


AIが教師の業務をサポート

生徒の学習用カリキュラムを作成するだけでなく、教師の業務の負担を軽減する目的でもAIが活躍します。教師をサポートする機能を搭載したAIによる学習サービスを導入すれば、多くの課題を解決することが可能です。

生徒の学習カリキュラムを作成

教師にとって負担が大きいのは、カリキュラムの作成や授業の準備など、授業時間以外の労働が多いことではないでしょうか。AIさくらさんを導入すれば、自動的に生徒の学習状況に合わせたカリキュラムを作成することができます。


苦手な部分を集中的に学習させるためのカリキュラムをAIが自動で作成してくれるので、効率的に学習を進めることが可能です。カリキュラムの作成はAIさくらさんに任せて、代わりに他の業務に時間を当てることもできます。


生徒に合わせたカリキュラムを効率的に作成したいなら、AIさくらさんの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

教師のサポートもしてくれるAIさくらさん

AIさくらさんは、生徒の学習をサポートするだけでなく、業務の負担を軽減するためのサービス「業務効率化さくらさん」も展開しています。紙媒体による業務のデジタル化(ペーパーレス化)や定型業務の自動化が可能です。業務効率化さくらさんを導入すれば、人がおこなう作業と同じ処理手順を自動化できるので、一度覚えれば面倒な業務もスムーズに進んでいきます。

また、新しい学習指導要領をはじめ、社員で共有しなければいけない情報を同じ水準で周知することが可能です。

まとめ

AIの技術を教育分野に活用することで、労働力不足を補いながら効果的な教育サービスをの実施できます。世界的にAI技術が発展しており、教育の現場では生徒の理解度に応じた学習サービスを提供するAIや、小学校で数学を教えてくれるロボット教師、教師のコーチングもできる人工知能などが実用化されています。

‍AIさくらさんは、教育分野において活躍するための様々な機能を搭載した高性能な人工知能です。日本語だけでなく、英語や中国語などに対応しているので、大学や言語学校などにおいて留学生の学習をサポートする際の心強い味方になってくれます。‍文章だけでなくネイティブ音声による自然会話をすることも可能なため、言語学習のためのAI教師としても活躍できます。


また、ミクロとしての学習サポートだけでなく、マクロとしての進路相談もできるのがAIさくらさんの特徴です。生徒の性格や興味などの情報を入力することで、生徒の適正にあったカリキュラムを選択する機能を備えています。上場企業をはじめ自治体や公共交通機関などあらゆる業種で数多く利用されているサービスですので、安心してご利用いただけます。

最新のAI技術を活用して子どもたちに良質な学びを提供してみたい方は、ぜひAIさくらさんの導入を検討してみてください。

時間や場所を選ばず、いつでもどこでもオンラインで学習

現地へ行かず遠隔地からオンライン・リモートで学習可能。学校・予備校の授業や、講座・セミナー受講、資格や免許取得も可能。

...詳しくはこちら

さくらさん

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

No items found.

関連サービス

業務自動化さくらさん

社内ヘルプデスク、Webヘルプデスク、データ分析、テレワークサポート、データ管理・共有など、企業のあらゆる業務を自動化・効率化しDXを推進。 社内業務を円滑に効率よく進めるためのお手伝いをします。

オンライン学習さくらさん

時間や場所を選ばず、好きな時間に好きな場所でオンライン学習!現地へ行かなくても遠隔地からオンライン・リモートでの学習を実現。 AIによる本人認証でセキュリティー面も安心、スケジュール自動調整により、双方が効率的に学習を進められます。

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
人事向け健康管理セミナー
home

>

業種・サービス別

>

AI活用で教師の負担が激減する?教育現場で人工知能はどう活用できるか