ペンアイコン
最終更新日:
2022-11-18
ペンアイコン
公開日:
2022-09-26

society5.0で教育はどう変わる?未来社会の実現は?

導入実績

No items found.

「society5.0で今後の教育がどう変わるのかを知りたい」という方向けに、本記事ではsociety5.0の詳細や変化していく教育の未来について紐解きます。

society5.0についてよく知らない方にも分かりやすく解説していますので、教育現場に携わる方や、今後の日本の教育に興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

目次
society5.0で教育はどう変わる?未来社会の実現は?

society5.0とは

society5.0とは内閣府が提唱する目指すべき未来社会のあり方を指します。これまで社会は、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、そして現代の情報社会(Society 4.0)へと発展を遂げてきました。


次のフェーズであるsociety5.0(未来社会)では、society4.0の課題であった情報連携の不十分さの改善を改善することを目指しています。具体的には、ビッグデータと呼ばれる膨大なデータをサイバー空間(仮想空間)でAIが解析し、フィジカル空間(現実空間)へフィードバックすることでさまざまな分野の課題を解決し、経済の発展へつなげようという試みです。


近年、ICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などのデジタル技術が急速に発展しています。今後、IoTやAIがさらに発展することにより、あらゆるモノがインターネットと接続するようになるのです。


さらにはAIやロボットによる自動化が進み、地方の過疎化や人手不足などの課題を解決することで、人はAIができない柔軟な仕事やクリエイティブな面で能力を発揮することができます。


しかし、society5.0実現を実現するためにはクリアすべき課題が多く、教育課題もそのひとつです。

現状の教育課題

society5.0を目指す日本が抱える現状の教育課題として、以下のような項目が挙げられます。


・グローバルなデジタル人材の不足

・AIの研究開発に携わる人材の不足

・多様な学習の機会が不十分である

・多くの生徒が理系と文系のどちらかに偏っている


今後、society5.0を進めていくためには、AIなどの先進技術に精通しているだけでなく、情報を正確に読み解き、対話する能力を持った人材が必要不可欠です。そこで、教育現場では新たな社会を牽引する力を持った人材育成が求められています。

society5.0の実現による教育の変化

society5.0が進むことで、教育はどのように変わるのでしょうか。

個別最適化された教育の実現

society5.0の実現に向けた教育計画として、生徒ひとりひとりの能力や適性に応じた学習の個別最適化が提唱されています。学習の個別最適化における施策は、生徒のスタディ・ログ(デジタル化された学びの記録)を蓄積し作成した学びのポートフォリオを活用した指導と評価の一体化です。学びのポートフォリオを活用することで生徒自身が学習状況を把握することにつながり、個々の学力に応じた適切なフィードバックが受けられるようになります。


さらに、学びの時間と空間を多様化させていくことで、子どもの関心や興味、意欲を引き出し子どもの特性を伸ばす教育につながります。

AI技術などに精通した高度な専門人材の育成

今後、society5.0の実現を目指していく中で、AI技術などに精通した高度な専門人材の育成は欠かせません。

しかし、日本では文系を選択する生徒が多数を占め、四年制大学で理工系に進む生徒は全体の約2割と低い水準です。そこで文部科学省は、生徒に文理両方を学ばせる機会をつくり、AI技術の素養を身につけた人社系の人材育成を掲げています。基礎的な学力を身につける段階で、技術や情報といった特定強化に関しても学習できるように指導体制の見直しが進められており、今後はますます学びの多様性が広がっていくでしょう。

steam教育で総合的な学力の向上

society5.0に向けて「Steam教育」が重視されています。Steam教育とは、science(科学)technology(技術)engineering(工学)art(芸術)mathematics(数学)の頭文字を組み合わせた言葉です。もともとはartを除く「stem(ステム)教育」という言葉が使われていました。


Steam教育ではテクノロジーにデザイン思考を融合させることで、技術力だけでなく創造性豊かな人材を育成できる教育システムを目指しています。society5.0に向けたSteam教育で重視されているのは、専門性の高い分野への関心が高い生徒や、能力や意思の高い生徒が、学年に縛られることなく自身の能力や特性を活かす場をつくることです。


技術面だけでなくデザイン思考などの多様な教養を身につけることを促し、総合的な学力の向上をはかることで、今後ますます技術革新に必要な人材の育成が進んでいくことが予測されます。

まとめ

今回は、「society5.0の実現で教育はどう変わるのか」といったテーマで解説しました。AI技術は目覚ましい勢いで発展しており、今後は人の認知を大きく超えてくることが予想されます。未来社会を牽引する人材を育てるためにも、AI技術の素養や社会的なスキルを身につけられる多様な教育が必要です。


society5.0の推進によって専門的な学力の水準が向上し、未来社会で活躍できる人材が数多く生まれることでしょう。

No items found.
さくらさん

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

No items found.

関連サービス

AIさくらさん for 自治体DX

「AIさくらさん」がDX推進を担当。自己学習機能搭載、業務負担を大幅に軽減できます。 AIヘルプデスク、AIによる電話対応など、業務自動化やDX推進、非対面でのアバター接客を実現。

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
働き方改革セミナー
home

>

業種・サービス別

>

society5.0で教育はどう変わる?未来社会の実現は?