最終更新日:
2022-08-08
公開日:
2022-08-01

DXは何のために必要?今ビジネスで求められている理由とは

現代の企業活動において、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進は必須であると言われています。しかし、「そもそもDXって何?」「IT化とどう違うの?」「なぜこんなにもビジネスに必要だと言われてるの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。今はあらゆる分野でデジタル化が進んでいるため、自社のビジネスでも必要であることはなんとなく感じていても「なぜ必要か?」を説明できない、という人は少なくありません。

そこで本記事では、まずDXに関する基礎知識とDXとIT化の違いについて解説します。そして、DXがビジネスに求められている主な理由についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次
DXは何のために必要?今ビジネスで求められている理由とは

DXの意味と基礎知識


DXがビジネスで求められる理由を知るためには、まずDXの基礎知識を把握しておくことが重要です。この項目では、DXとは何か?とDXとよく似た用語について解説します。

DXとは?


DX(デジタルトランスフォーメーション)の「トランスフォーメーション」は変革・変化という意味です。そのため、DXを直訳すると「デジタルによる変革、デジタルによる変化」になります。DXには、広義のDXと狭義のDXがあります。あらゆる分野にデジタル技術を取り入れることで、もっと便利な世の中にしていくことが広義のDXです。


広義のDXの身近な例を挙げると、口座の開設から各種手続きをすべてオンライン上でできるインターネットバンキング、スマートフォンを用いたキャッシュレス決済、家電のAI化、遠隔操作による建物の施錠などがあります。私たちの生活のいたるところでデジタル技術やツールを活用することが、広義のDXです。


対して、DXをビジネスの領域に限定して考えるのが狭義のDXです。狭義のDXについては、先述のようなDXの身近な例を「提供する側である企業の視点」で見ていくと理解しやすいのではないでしょうか。世の中のさまざまな場面でDXによる商品やサービスが存在するということは、これらを提供している企業がすでに存在しているということです。つまり、現在のビジネスにおいて、DXを取り入れた商品やサービスを提供できない企業は、生き残れるだけの競争力を持つことができないと言えるわけです。


これらのことから、これからのビジネスで競合他社に勝ち抜いていくためには、DXを積極的に導入していくことはもはや必須であると言えます。DXの推進をおこたれば競合他社に大きな差をつけられ、市場のトレンドにもついていけなくなるでしょう。

DX・デジタイゼーション・デジタライゼーションそれぞれの違い


DXに似た用語としてデジタイゼーション、デジタライゼーションがあります。

「デジタイゼーション」は紙の資料をデジタルデータに変換して管理したり、申請手続きを電子化したりすることです。

「デジタライゼーション」は、社内の特定の業務、個別の業務、個別の製造プロセスなどをデジタル化していくことです。


これに対し、「DX」は会社全体の業務プロセスのデジタル化や、製造に関する全プロセスのデジタル化などを行います。つまり、デジタライゼーションは業務や製造プロセスの一部をデジタル化し、DXは社内の全業務、全製造プロセスなどの変革を見据えた大局的なデジタル化を行うわけです。そのため、ビジネスにおけるDXの推進は、事業内容やビジネスモデルにも大きな影響をあたえます。

DXとIT化の違いとは?


DXはIT化とよく混同されますが、両者には明確な違いがあります。DXは全社的・大局的に商品・サービス・ビジネスモデルなどの変革を目指します。対してIT化は、現在行っている業務プロセスの効率化を目指すものです。

IT化とは?


IT化とは、デジタル技術やデータを活用して、業務のプロセス自体を変えることなく作業のひとつひとつを効率化させることです。作業の効率化は、作業に必要な人的リソースを軽くしてコストを削減できます。わかりやすい例を挙げると、連絡手段が電話や手紙、社内報のような紙媒体から、Eメールやチャットツールに変わったことでしょう。電話をかける手間もなく、手紙や社内報を書いて印刷する必要もなく、ツール上ですべてのやり取りが完結します。

DXとIT化の違い


DXとIT化の違いは、「DXは目的」であり「IT化はその目的を達成するための手段である」と考えれば理解しやすくなります。IT化は、これまで多くのリソースを取られていた業務をITで自動化することにより効率化を目指します。そして、これらの効率化の積み重ねによって、商品・サービス・ビジネスモデルといった企業の根幹にかかわる部分に変革をもたらすのがDXです。


DXが戦略、IT化が戦略にもとづく戦術の一部、と言い換えることもできますね。

DXがビジネスに求められる理由


2018年に発表された経済産業省のDXレポートにもあるように、日本企業にとっても、企業としての優位性を保つためのDXの推進は必須です。なぜなら、DXによる企業としての競争力の強化、さらなる成長が見込めるビジネスモデルの創出などに取り組まない企業は、市場においての競争力を失ってしまうからです。


この項目では、上記以外でDXがビジネスに求められる理由を解説します。

デジタル技術の進歩によりビジネスが多様化しているから


IoTによるさまざまな製品の遠隔操作や情報収集、AI技術の進歩が実務レベルに達するなど、デジタル技術は日々進化しています。その恩恵として、長年の経験や勘を持った人間しかできなかった作業をテクノロジーがカバーできるようになりました。これにより、経験・勘という属人的なものに頼ることなく、データという事実にもとづいて客観的な意思決定が可能になったのです。


このような技術の進歩は、新しいビジネスを生むアイデアの源泉になります。あらゆる分野のビジネスで新しい技術を導入した企業が参入し、それまで市場になかった商品やサービスを提供していくでしょう。


このように、デジタル技術の進歩はビジネスモデルを多様化させ、市場で求められる商品・サービスを激しく変化させていきます。ニーズや市場の激しい変化に対応するためには、自社も他社に負けないようにDXを積極的に推進する必要があります。

消費者の行動が変化しているから


近年、消費者の行動もめまぐるしく変化しています。その顕著な例がネット通販です。もともと、その便利さから一定数の利用者はいましたが、新型コロナウイルスの巣ごもり需要により、一気にインターネットを介した購買行動が拡大しました。


また、これまでの物を所有するというスタイルから、体験に積極的にお金を使うというスタイルに消費の形も変化しています。これからさらに変化していくと予想される消費者の購買行動やニーズを的確に把握するには、従来の方法では対応しきれません。これまで蓄積してきた顧客データをデジタル技術で有効活用するためには、DXの推進をより積極的に行うことが重要になっています。

まとめ


ビジネスモデルや市場のトレンド、消費者のニーズ、購買行動のスタイルなど、これらは年々多様化しています。あらゆるものが多様化している現代のビジネスにおいて、それぞれに適切に対応していくためにはDXの推進が必須です。デジタル技術を活用すれば、膨大なデータをもとに最善の手段を選択することが可能です。


ただ、目的が明確でないDXは、迷走してリソースを無駄にしてしまう可能性が高くなります。まずは、自社の課題や競合他社を分析して、DXの目的をはっきりさせるところからはじめてみましょう。

No items found.

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

No items found.

関連サービス

AIさくらさん

「AIさくらさん」がDX推進を担当。自己学習機能搭載、業務負担大幅軽減、面倒な仕事が勝手に進みます。AIヘルプデスク、業務自動化などDX推進をサポート、非対面でのアバター接客も。

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
チャットボット疲れ解決セミナー

>

業種・サービス別

>

DXは何のために必要?今ビジネスで求められている理由とは