ペンアイコン
最終更新日:
2022-10-17
ペンアイコン
公開日:
2022-08-02

DXって何?DXで何が変わるのか?

導入実績

No items found.

今やDXは世界有数の国で推進されている先進ビジネスの形であり、日本でも徐々にDXによる事業推進が行われています。しかし、今現在でも日本でDXの導入に至っていない企業は数多く存在します。DXについて理解が深まっていないことが一つの要因として挙げられるのかもしれませんが、DXを導入することで変わることは数多くあるのがポイントです。


それでは、DXを導入することで何が変わるのか、効率良く導入するにはどうすればいいのかご説明しましょう。

目次
DXって何?DXで何が変わるのか?

DXとは?

DXとは「デジタルトランスフォーメーション」のことで、企業のデジタル化を測るための事業推進の一つです。企業の様々なプロセスをデジタル化することによって多くの変化をもたらします。


DXを導入することで企業のデジタル化を図ることにより、業務効率化や人手不足の解消などができるでしょう。

DXで何が変わるのか?

DXを導入することによって、以下のような変化が生まれます。

  • 業務システムが再構築される
  • 生産性や業務効率が上がりやすくなる
  • テレワークの推進が可能
  • 人手不足の解消


それでは、DXを導入すると何が変わるのかご説明しましょう。

業務システムが再構築される

DXを導入することにより、企業における全体的な業務システムが再構築されるようになります。


企業のデジタル化を推進するということは、これまでの業務プロセスを全て見直す必要性があります。この再構築は今まで企業を支えてきた業務システムの基盤を全て見直し、デジタル化を促進させなければなりません。

生産性や業務効率が上がりやすくなる

企業の業務システムを再構築することにより、業務プロセスのデジタル化によって生産性や業務効率が上がりやすくなります。これまでの業務システムでは、一つの業務を行うのにいくつもの工程を挟んでいかないと遂行できないケースが多くあるでしょう。このままでは負担が大きいルーティンワークや、人的工数が多い業務のせいで生産性や業務効率の低下に繋がる可能性が高いです。


しかし、DXを導入することで人的工数を削減すると共に、社員の負担を最小限に抑えられるので業務効率化を実現することができます。

テレワークの推進が可能

DXを導入すれば全ての業務をデジタル化できることから、柔軟な勤務体制を実現させることができます。これにより、いつでもどこでも場所や時間を選ばずに働けるテレワークの推進が可能です。


企業側は社員にとってより良い環境作りを行う責務があるため、柔軟な¥に働けるようにする必要性があります。DXは働き方改革を実現するための有益なシステムになるので、様々な状況にも対応できるようになるでしょう。

人手不足の解消

DXを導入することで人手不足を解消することができます。DXによって業務効率化を図る場合、盗用している人材を最も適した部門に異動させることができるようになり、人員が不足している部門に新たな人材を空割り当てることも可能です。

DX人材を成長させることもできるので、もっと多くの人材を登用できるようになれば企業全体の大きな利益に繋がるでしょう。

DXを効率良く導入するには?

DXを効率良く導入するには、以下のような方法が挙げられます。

  • 既存のビジネスモデルを変える
  • 既存のオペレーションを見直す
  • 基板となるIT技術を見直す
  • 組織全体や人材を見直す


それでは、DXを効率良く導入するにはどうすればいいのかご説明しましょう。

既存のビジネスモデルを変える

DXを導入しただけでは何も変わりません。DXを効率良く導入するには、頼り切っていた既存のビジネスモデルを変えていかないと何も始まりません。AIやIoT、クラウドやビッグデータアナリティクスなどのシステムを導入し、企業全体が変わる必要性があります。

既存のオペレーションを見直す

DXは既存のオペレーションを見直すきっかけを作ってくれます。DXを導入することによって一人一人の負担が軽減され、十分な人手を確保したり、必要最低限の人数で成果を出せるようになったりと、生産性を著しく上げることができます。


ここで人を必要としない業務プロセスが作成できるようになるため、既存のオペレーションを見直すことが可能です。人の手を必要としない業務は自動化させ、必要作業時間の短縮や人為的なミスを減らすことにも繋がります。

基板となるIT技術を見直す

とりあえずDXを導入するのではなく、自社が必要としているIT技術に合わせて導入するのがおすすめです。既に何らかのIT技術を採用している場合は、既存のIT技術を見直すことで自社に足りなかったものを発見できるでしょう。複数のIT技術を導入すれば、これまでできなかったことが実現できるようになります。

組織全体や人材を見直す

DXを導入する際に必要なのは、IT技術を身に着けている人材です。デジタルとビジネスの両方を持ち合わせている人材を盗用することで、DX推進の立役者になれるでしょう。


DXの導入に合わせた組織全体や人材の見直しを行うことで、効率良くDXを推進させることができます。

まとめ

DXは世界で求められている変革の一つであり、既存の業務システムやプロセスをガラリと変えるものです。積極的にDXを導入することで、社員に負担がかかっていた業務プロセスを自動化できますし、人材を増やすこともできるので企業の活性化、業務効率化などが図れるようになります。


まだDXを導入していないのであれば、是非ともDXの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

DXって結局何すればいいの
No items found.
さくらさん

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

No items found.

関連サービス

AIさくらさん

「AIさくらさん」がDX推進を担当。自己学習機能搭載、業務負担大幅軽減、面倒な仕事が勝手に進みます。AIヘルプデスク、業務自動化などDX推進をサポート、非対面でのアバター接客も。

業務自動化さくらさん

社内ヘルプデスク、Webヘルプデスク、データ分析、テレワークサポート、データ管理・共有など、企業のあらゆる業務を自動化・効率化しDXを推進。 社内業務を円滑に効率よく進めるためのお手伝いをします。

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
働き方改革セミナー
home

>

業種・サービス別

>

DXって何?DXで何が変わるのか?