ペンアイコン
最終更新日:
2022-08-30
ペンアイコン
公開日:
2022-02-19

製造業がDXを推進するメリットとは?成功するためのポイントを解説

働き方の改革や生産性の向上といった目的を実現するために、さまざまな業界でDXが注目されるようになりました。製造業でも同様に推進されていますが、具体的にどのような効果を得られるのか疑問に感じている担当者の方も多いのではないでしょうか。

本記事では、製造業で抱えている課題を踏まえ、DXを推進するメリットをAIの澁谷さくらがご紹介します。
現場の効率化を図るためにも、ぜひ参考にしてみてください。

目次
製造業がDXを推進するメリットとは?成功するためのポイントを解説

製造業でDXを成功させるためのポイント

製造業でDXを成功するためのポイントは、現場のスマートファクトリー化です。スマートファクトリー化とは、工場内のあらゆるデバイスや設備をインターネットに接続し、現場作業を効率的に行えるようにすることです。
従来の工場とは異なり、ロボットによる業務の自動化、データを活用した品質管理、センサーを使った工場システムの見える化などを実現できます。

製造業が抱えている課題

製造業でDXを推進する理由は、現場が抱える多くの課題を解決できるためです。
人員不足や生産性の低下に加え、需要に合わせながら工場を最適化しなければなりません。
そこで、DXを推進する前に、製造業の現場で抱えている課題について確認しましょう。

少子高齢化による人員不足

製造業が抱えている課題の一つに、現場の人員不足が挙げられます。社会的にも少子高齢化が問題となっているなかで、特に製造業では人手不足が深刻化しています。

経済産業省が、2018年に発表した「製造業における人手不足の現状および外国人材の活用について」によると、技能人材の確保に課題があると回答した割合は80%を超えており、外国からの技能実習生に頼っているのが現状です。
2055年には、日本の総人口が1億人を割り込む可能性が高く、将来的にも製造業の人員不足が続くと考えられています。

製造業における人手不足の現状および外国人材の活用について
出典:経済産業省 製造業における人手不足の現状および外国人材の活用について

生産性の低下

次に、非効率の業務フローによる生産性の低下です。
長年続く町工場や中小企業の工場では、デジタル化が可能な部分であっても、依然としてマンパワーによる業務が行われています。
結果として、従業員一人一人の負担が増加し、企業全体における生産性を下げてしまっている可能性があります。

在庫のコントロール

製造業が抱える3つ目の課題は、在庫のコントロールです。次々と製品が入れ替わる現代において、需要と在庫量のバランスを維持することが求められます。

しかし、在庫のコントロールは難しく、過剰在庫を防ぐために少量生産を行う一方で、欠品が続き、機会損失が発生することも少なくありません。
企業としての利益率を高めるためにも、需要に適した量を生産し、在庫管理を行わなければなりません。

製造業がDXを推進するメリットとは?

製造業の現場で抱えている課題を克服するためには、冒頭でも解説したとおり、スマートファクトリー化が有効な手段となります。
では、具体的にどのようなメリット得られるのかを細かく見ていきましょう。

工場全体の見える化

スマートファクトリー化によるメリットは、工場現場全体の見える化です。
24時間365日の稼働が求められる工場では、常に生産状況やトラブルが発生していないかを見える状態にしなければなりません。
しかし、これまでの工場現場では、紙媒体での記録、人と人との伝達によって情報を取り交わされていたため、時間がかかるだけでなく、ミスも多発していました。

一方、スマートファクリー化では、工場全体を正確なデータとして管理することができます。
制御装置であるPLCから収集したデータをクラウド上に送信・保存し、数値として稼働状況や生産状況を可視化します。
また、生産設備に異常が発生した場合でも、現場管理監督者に直接通知され、原因によってはリモートでのトラブル対処も可能です。
このように、スマートファクトリー化が実装された工場は、製造現場の見える化を実現し、生産性の向上に役立ちます。

操業の自動化

次に、工場の操業を自動化できる点も、スマートファクトリー化のメリットです。冒頭でも解説した通り、製造業では人員不足が課題となっており、限られた人数のなかで操業を進める必要があります。
とはいえ、人員が少ないことで、生産性の低下や、一人一人の業務負担が増加し、従業員の不満にもつながってしまうのが懸念点でした。

そこで、スマートファクトリー化を進め、ロボットを活用した自動操業が成功へのポイントとなります。
これまで人間が行っていた「点検」、「組み立て」、「搬送」といった作業をロボットが行い、少ない人員でも効率を維持しながら操業を進められます。
また、ロボットを導入するための一時的な費用がかかりますが、最終的に人件費の削減や、人的なミスを防ぎ、企業としての価値を高めることも可能です。

まとめ

製造業がDXを推進するメリットをご紹介しました。工場全体を見える化し、データを活用した業務を進めることで、生産性の向上につながります。
そして、DXを進める際には、自社が抱える課題に対して、どのようにアプローチをするかを考えることが重要です。現場の弱点を見極め、適切な戦略を用いてDXを推進しましょう。

「業務自動化さくらさん」が、あらゆる業務をAIで自動化

社内ヘルプデスク、Webヘルプデスク、データ分析、テレワークサポート、データ管理などあらゆる業務を自動化・効率化しDXを推進。

...詳しくはこちら

さくらさん

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

No items found.

関連サービス

業務自動化さくらさん

社内ヘルプデスク、Webヘルプデスク、データ分析、テレワークサポート、データ管理・共有など、企業のあらゆる業務を自動化・効率化しDXを推進。 社内業務を円滑に効率よく進めるためのお手伝いをします。

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
人事向け健康管理セミナー
home

>

業種・サービス別

>

製造業がDXを推進するメリットとは?成功するためのポイントを解説