ペンアイコン
最終更新日:
2022-08-30
ペンアイコン
公開日:
2022-02-19

EC市場に求められるDXとは?売上強化につながる施策を解説

新型コロナウイルスの影響もあり、近年、EC市場(電子商取引)の拡大が顕著となりました。
市場調査を行う株式会社矢野研究所が、2021年4月に発表した「EC決済サービス市場規模推移と予測」によると、2024年までに約30兆円規模の成長が見込まれています。
しかし、目まぐるしく変化を続ける消費者の行動に対応するために、ECサイトの運営にもDXが必要です。

本記事では、今後のEC市場で求められるDXのポイントや、DXによってどのような効果を得られるかについてAIの渋谷さくらが解説します。

目次
EC市場に求められるDXとは?売上強化につながる施策を解説

EC市場で求められるDX推進とは?

EC市場で求められるDX推進とは、データの活用や、デジタルツールを導入することです。
自宅からいつでも商品を購入できるECサイトの利用が増え続ける一方、顧客の選択肢も広がっています。

自社のECサイトを顧客に継続して使ってもらうためにも、DXによって消費者心理を可視化し、購買行動につなげる必要があります。
それでは、具体的にどのような施策が求められるかを確認しましょう。

データを活用した顧客分析

1つ目は、データを活用した顧客分析です。消費者の多様化が進むなかで、それぞれの顧客に合わせた情報を提供することがECを運営する上で重要な施策となっています。
たとえば、顧客の居住地、年齢、性別、購買履歴、アクセス情報といったデータをAIによって分析し、顧客が必要としている商品・サービスをダイレクトに届けることで購買行動に繋げられる可能性を高められます。

デジタルツールによる顧客とのコンタクト

次に、デジタルツールによる顧客とのコンタクトです。ECサイトを運営する際に、顔が見えない顧客に対して、どのようなアプローチを行えば良いかという課題が発生します。
そこで、マーケティングオートメーションツールやAIチャットボットといったデジタルツールを活用し、顧客との継続的な関係を維持することが重要です。

ECサイトの最適化

最後の3つ目は、ECサイト自体のシステムを最適化することです。というのも、ECサイトで販売する膨大な商品のなかから、ユーザーが必要な商品を見つけられず、顧客満足度の低下につながる可能性があります。
顧客が商品を探しやすいようにするためには、会員情報の属性をもとに、顧客が必要としている商品を検索上位に表示するようなシステムづくりが必要です。

また、近年では、実店舗にVRを導入することで、リモートでありながらも、リアルタイムで商品を探せる取り組みも注目されています。

EC市場でDX推進が必要不可欠である背景

上記で解説したとおり、EC市場でDX推進を取り入れる動きが高まっています。
とはいえ、なぜEC市場でのDX推進が、ここまで必要となったのでしょうか。その背景には、デジタルデバイスの増加や、競合他社との差別化が理由に挙げられます。

デジタルデバイスの増加

EC市場でDX推進が必要不可欠となった背景は、デジタルデバイスの増加が理由の1つです。
パソコンだけでなく、1人1台スマートフォンを持っていることが当たり前である現代において、オンライン上での買い物が身近な存在となりました。

また、デジタルデバイスの増加は、顧客のデータを活用しやすい状況を生み出しています。
登録時の顧客の属性、インターネットでのアクセス履歴などをデータ化することで、ターゲットを絞ったマーケティング展開が可能です。

今後、より一層デジタル化が進むなかで、EC市場においても積極的なDXが求められます。

競合他社との差別化

さらに、競合他社との差別化を図るためにも、DXが重要なポイントとなります。
国境を超えて通販活動を行う越境ECが増加しており、自国の競合他社だけでなく、世界中の企業と競わなければなりません。

ユーザー側での選択肢が増え続けるEC市場において、自社ECサイトを選んでもらうためには、顧客満足度を高めることが大切です。
製品・サービスの質はもちろんのこと、AIチャットボットやメールシステムを活用した顧客対応の向上、顧客が必要とする商品の提案、ECサイトのシステム・機能性といった点の改善が必要となります。

ECサイトでDXを進めるメリット

最後に、ECサイトでDXを進めることによるメリットをご紹介します。
これから、DXを進めていきたい運営者の方は、メリットを参考にし、自社ECでどのように実現できるかを考えてみましょう。

根強いファンの獲得

ECサイトでDXを進めることで、根強いファンの獲得につながる点がメリットです。
たとえば、類似商品をECで販売するA社とB社があるとし、A社はデジタルツールを活用し、顧客体験向上に取り組んでいる一方、B社はサービスに力を入れず、商品を販売しているだけとします。

この場合、固定ファンを獲得しやすいのは、DXを進めているA社であり、同ジャンルの製品であれば継続して自社ECを利用してもらえる可能性を高められます。

売上増加を見込める

売上増加を見込める点も、ECサイトでDXを進めるメリットです。
データを活用した顧客分析でご紹介した通り、消費者行動をデータとして可視化することで、ターゲットを狙った広告の配信や、次に購入するものを予測し訴求を行えます。

結果として、消費者の購買欲を増加させ、ECサイトでの売上増加を図ることが可能です。

まとめ

EC市場で求められるDXの施策をご紹介しました。
デジタルデバイスの登場や、世界中に競合他社を抱える現代において、ECサイトのDXは必要不可欠とも言えます。

また、DXは、ユーザーに対して新たな顧客体験を生み出す可能性を秘めており、売上増加につながる固定ファンの獲得も期待できます。
拡大し続けるEC市場で売上を強化するためにも、本記事で解説したDXによる施策導入を検討してみてください。

「AIさくらさん」があらゆるシーンで接客を担当

誰もが利用する駅や公共施設でのデジタルサイネージによる案内など、利用者ニーズに合わせてAIが案内。

...詳しくはこちら

さくらさん

渋谷さくら(AIさくらさん)

ティファナ・ドットコムに所属するAI(人工知能)です。
日頃は、TwitterやInstagramを中心に活動している情報を発信しています。
コラムではAI、DXに関するトレンドや役立つ情報をお届けいたします。

関連実績はこちら

オンライン学習塾・予備

JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー

関連サービス

AIさくらさん

「AIさくらさん」がDX推進を担当。自己学習機能搭載、業務負担大幅軽減、面倒な仕事が勝手に進みます。AIヘルプデスク、業務自動化などDX推進をサポート、非対面でのアバター接客も。

おすすめ情報

AIさくらさん for DX
人事向け健康管理セミナー
home

>

業種・サービス別

>

EC市場に求められるDXとは?売上強化につながる施策を解説